初心者が押さえておきたいFXの基礎知識

FX 初心者

現在ネットさえあれば誰もが気軽に行えるFXは、人気の投資方法として知られています。
しかし、その手軽さゆえにFXに潜むリスクを過小評価してしまい、大きな損失を抱えてしまうこともあります。

 

今回はFXを始めるにあたり押さえておきたいポイントをいくつか見ていきます。
これからFXを始める人にも安全にトレードできる情報をご紹介していきます。

 

FXとは?わかりやすく解説

まず基本的な事ですが「FX」とは何なのでしょう?
FXとはForeign Exchangeの略称で、日本では「外国為替証拠金取引」と言っています。

 

通貨同士の交換をする

FXは通貨同士を交換する投資方法となります。日本円と米ドル、日本円とユーロ、ユーロと米ドルといった各国の中央銀行が発行する、法定通貨同士の取引が行われます。取引ではどちらかの通貨を売り、もう一方の通貨を買うことになりますが、円を売ってドルを買う場合には「円売りドル買い」などと呼ばれます。

 

リアルタイムの交換レートでトレード

FXとは通貨同士を交換する取引ですが、交換する際の割合はどのように決まるのでしょう?
ある通貨とある通貨を交換できる割合を「交換レート」と呼びます。交換レートは、日々の為替市場の需要と供給のバランスによって決定されます。

 

以下通貨ペアの交換レートと表示方法についてまとめてみました。

 

通貨ペア 交換レート
米ドル/円 111.55円
ユーロ/円 121.02円
ユーロ/ドル 1.08ドル
ポンド/円 144.60円
豪ドル/円 73.92円
ポンド/ドル 1.29ドル

※数値はGMOクリック証券を参照:レートは売り注文を表示

 

交換レートの表示方法は、通貨ペアごとに異なります。通貨ペアで表示されている通貨のうち、左側に表示されている通貨を基準として、右側に表示されている通貨の単位でレートに表わされます。

 

  • 米ドル/円 ⇒ 1ドル111.55円
  • ユーロ/米ドル ⇒ 1ユーロ1.08ドル

 

証拠金を預け入れてトレードを行う

FXは証拠金取引の一種となります。
証拠金取引の場合、自己資金をFX業者に預け入れることで、自己資金以上の資金をトレードすることとなります。

 

為替市場は、株式市場や仮想通貨市場に比べるとあまり大きな値動きはありません。ここ最近のドル円の値動きを見ると、1ドル105円付近~112円付近で推移しているに過ぎません。そのため、預け入れた証拠金以上の金額をトレードしても、必ずしもハイリスクハイリターンとなるとも限りません。

 

レバレッジがかけられる

FXでは証拠金以上の資金をトレードする場合「レバレッジをかける」と表現されます。
レバレッジとは「てこ」を意味し、この「てこ」の原理のように少ない力で大きなものを動かせるのが特徴です。レバレッジの大きさは、〇〇倍という形で表されますが、証拠金の何倍の資金を動かせるのかということを意味しています。

 

最大レバレッジについてですが、国内FX業者では金融庁の規制があり25倍となっています。一方海外FX業者では、業者により自由です。

 

FX業者名 最大レバレッジ
国内FX業者は一律 25倍
XM Trading 888倍
Land-FX 500倍
Axiory 400倍
GEMFOREX 1,000倍

 

FXトレードに慣れ、リスク管理をしっかり行えるようになってきたら、海外FX業者でハイレバトレードに挑戦してみても良いでしょう。

 

FX取引のメリット・デメリットは?

ではFXトレードにどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

メリット1:少ない資金で大きな資金を動かすことが出来る

FXのメリットはレバレッジトレードができることです。
国内FX業者の最大レバレッジ25倍で、1Lotを動かすのに必要な金額について考えてみましょう。

 

多くの国内FX業者では1Lot単位で取引が可能です。そのような業者だと1Lot(1万ドル)が最低取引水準に設定されています。

 

たとえば1Lot(1万ドル)を動かすための必要証拠金を計算してみます。

 

  • 1Lot=1万ドル、1ドル110円として計算
  • 1Lot(110万円)=25倍×必要証拠金
  • 必要証拠金=110万円÷25=4万4000円

 

1万ドル(110万円)という大金をわずか4万4000円という少ない金額で動かすことが可能となります。
海外FX業者を使えば、さらに安い金額で1万ドルを動かすことができます。

 

先ほど紹介したFX業者の最大レバレッジの必要証拠金を下の表にまとめました。

 

FX業者名 最大レバレッジ 1万ドルを取引するのに必要な証拠金
国内FX業者は一律 25倍 4万4000円
XM Trading 888倍 約1,239円
Land-FX 500倍 2,200円
Axiory 400倍 2,750円
GEMFOREX 1,000倍 1,100円

 

最大レバレッジ1,000倍のGEMFOREXでは、1,100円で1万ドルのトレードができてしまう計算になります。

 

メリット2:買いからでも売りからでもエントリー可能

たとえば株式の現物取引の場合、新規注文する際には株式を購入しなければなりません。
現物取引であっても上昇トレンドの場合、買いでエントリー、売りで決済すれば利益を出すことはできます。

 

しかし下降トレンドが続いている際、買いエントリー、売り決済で利益を出すのはとても難しくリスクも大きくなります。

 

しかしFXでは、売りでエントリー、買いで決済という注文方法を行うことが可能。どのような相場でも利益を出しやすいトレード環境が用意されています。

 

デメリット1:板がないので予想が難しい

株式の取引画面には、注文数と注文値の一覧が表示される板があります。板ではトレーダーの注文情報が分かるので、値動きの予測に大いに役立ちます。

 

しかし、FXにはこの板がありません。テクニカル分析やファンダメンタルズ分析のみで値動きを予測しなければならず、株に比べると参考になる情報量は少ないと言えます。

 

デメリット2:借金のリスクがある

残念ながら国内FX業者の場合、借金を背負ってしまうリスクがあります。
FX業者は、含み損を抱え証拠金が一定水準を下回った場合、FX業者側でポジション決済してしまう強制ロスカットというシステムを採用しています。

 

ところが、大荒れの相場の際、強制ロスカットが機能しないことがあります。その結果、証拠金がマイナスとなってしまい、FX業者から追加で証拠金の支払いを求められる可能性が出てきます。

 

こうなりたくないなら、海外FX業者を利用することがおすすめです。海外FX業者を利用すれば、証拠金のマイナス分を補填してくれるゼロカットシステムが採用されているため、借金を負うリスクを完全に0とすることができます。

 

まとめ

今回はFX初心者が押さえておきたい基礎知識について見てきました。
メリットもデメリットもあるFXトレードですが、株式や仮想通貨など、ほかの投資先と比較しながらFXを始めるのか、続けるのかという判断を行いましょう。

 

また、FX初心者の方は少額から始めるということがおすすめです。安定的に勝てるようになるまでは、一定の経験が必要となります。初めのうちは少ない資金でレバレッジも控えめにしておきましょう。


関連記事