理論上ほぼノーリスクでFXスワップで稼ぐ方法

FX スワップで稼ぐ

FXトレーダーの中には「スワップポイントだけで生活できたらいいのに」と考えたことがある人もいることでしょう。

 

国内FXはレバレッジが25倍までなので少し厳しいかもしれませんが、海外FXの場合には最大レバレッジが数百~数千倍のところが多いため、その夢は叶うかもしれません。
今回は、スワップで稼ぐ方法について具体的に見ていきます。

 

FXのスワップで稼ぐ方法について(ほぼノーリスク)

では、FXのスワップで稼ぐ手順について見ていきますが、まずはほぼノーリスクで稼ぐ手段について解説していきます。
そのポイントや手順は以下のとおり、

 

  1. 両建てを行う
  2. 両建ての仕方について
  3. 扱える通貨ペアの条件
  4. 指値注文をする
  5. レバレッジ倍率を高くする
  6. スワップポイントをこまめに確認する
  7. 決済

 

①両建てを行う

スワップで稼ぐのであれば両建てを行うというのが必須となります。
両建てとは「買いポジションと売りポジションを同時に保有してリスクを下げる手法」のこと。両建てについてはいろいろ意見はありますが、ここでは単に「スワップで稼ぐための単なる手段である」と割り切ります。
しかし両建てを禁止している国内FX業者・海外FX業者は多いので注意しましょう。

 

「であれば業者Aで買いポジションを持ち、業者Bで売りポジションを持てばいいんじゃないか?」と思うかもしれません。そういった方法での両建ても禁止しているところは実際多いです。

 

「複数のFX業者を使っての両建て」であっても実際バレますので、余計なことはしないことです。

 

②両建ての仕方について

両建ての仕方はとても簡単でそれは「買いポジションと売りポジションを同一の値」にするだけ。
これなら相場がどのように変動しようがプラスマイナスゼロになるのでノーリスク。相場を見る必要もありません。とはいえ、毎日チェックすることをおすすめします。

 

③扱える通貨ペアの条件

この手法で扱えるのは、買いポジションスワップポイントと、売りポジションでのスワップポイントがどちらもプラスである通貨ペアの場合となります。片方のマイナススワップをもう片方のプラススワップが上回っている通貨ペアでもだめではありませんが、安定性が下がるのであまりおすすめはできません。

 

④指値注文をする

「両方のポジションのスワップポイントがプラスの通貨ペア」を見つけたらそれで注文を行います。
FXの注文方法は大きく2つあり、「指値注文」とは、○円で買うと厳密に指定した注文。指定した値ピッタリで注文可能で、「成行注文」とは「今買う」という人間の動作で行う注文。「指定したつもりの値」から大きくずれる可能性があるものです。

 

ほぼノーリスク・スワップで稼ぐ方法におけるポイントは、買いポジションと売りポジションを同じ値で持つことです。よって指値注文を行いましょう。

 

「成行注文でも大丈夫では?」と感じるかもしれませんが、少々のズレが大きな損失を招く場合があるのであまりおすすめしませんし、この方法において成行注文を選ぶメリットはほぼありません。

 

⑤レバレッジ倍率を高くする

レバレッジはなるべく高いほうが良いです。
できれば海外FX業者の利用をおすすめしますが、海外FX業者のスワップポイントは低い傾向にあり、レバレッジを効かせないと「ノーリスクとはいえさすがに利益は少ない」状態となります。

 

レバレッジ倍率を高くすれば、元手が少なくて済むため安全性は上がります。

 

⑥スワップポイントをこまめに確認

「買い・売りポジションともにスワップポイントがプラスのペア」を見つけたら、同じ値でポジションを取ってあとは放置すればOK、としたいところですが、現実はそうとはいきません。少なくとも1日1回はスワップポイントをチェックしておかないといけません。なぜなら場合によってはどちらかのポジションがマイナスになってしまう事が往々にしてあるためです。そうなった場合は、いったんポジションをリリースしてしまいましょう。両方のポジションの値は一緒にて損をすることはありません。決済が終了したら、もう一度「両方のポジションがプラスになる通貨ペア」を探していきましょう。

 

⑦決済はいつ行う?

決済はできるだけスプレッドが狭いときに行いましょう。
そのほうが当然利益は大きくなります。

 

FXのスワップで稼ぐ方法(リスクあり)

続いて、FXのスワップで稼ぐ別の方法のご紹介となりますが、最初の方法よりもリスクは高いです。とはいえ工夫すれば比較的安全にスワップで稼ぐことが可能となります。

 

①知名度の低い通貨を扱おう

知名度の低い通貨、つまり「新興国通貨」を扱いましょう。新興国の通貨はドルや円などの安定通貨に比べて政策金利が大きくなりやすく、例えば「トルコリラ」の政策金利は時期によりますが20%前後となります。

 

②海外FX業者「XM」はおすすめ

トルコリラが絡む通貨ペアのスワップポイントはどれも高い場合が多いのですが、その中でも特に高いのが海外FX業者「XM」。XMの場合「ユーロ/トルコリラの売りポジション」のスワップポイントが1日(1Lot)あたり2,000~5,000円ぐらいとなっているようです。
ただしこれは「売りポジション」の話で「買いポジション」の話ではないので気を付けましょう。

 

③「スワップで稼ぐ」だけにする

トルコリラは変動しやすくて「スワップで稼ぐ・為替差益で稼ぐ」というように欲張ってしまえば、結果的に大損をする可能性があります。よって、特にFX初心者のうちはスワップで稼ぐことだけを念頭に考えましょう。

 

④いつ決済するの?

答えとしては「毎日決済するかどうかを決める」となります。とにかく長期保有しようと考えていれば、損失が大きくなる場合があります。
XMの場合、平日の朝7時くらいのタイミングにポジションを持っているとスワップポイントがもらえます。この時刻を必ずまたぐようにしましょう。

 

あとはチャート変動を30分ほど見守り(売りポジションのため)相場が上がってきたら決済するとよいです。多少の為替差損は発生するものの、スワップポイントでカバーできる場合がほとんどとなっています。

 

⑤他の通貨ペアでも可能

「トルコリラ/ユーロ」という通貨ペアでこれまで見てきましたが、もちろん他の通貨ペアでも同じ手順でスワップポイントを稼ぐことは可能です。ただし「トルコリラ/ユーロ」が非常に効率がよいと思われます。
もちろん色々と情勢が変わり、トルコリラ/ユーロ以上に稼ぎやすい通貨ペアは出てくるかもしれません。トルコリラ/ユーロで全く稼げなくなる場合もあるでしょうから、「ずっとトルコリラ/ユーロで良いとは断言できない」という事は覚えておきましょう。

 

まとめ:FXのスワップで稼ぐことは現実的

「スワップで稼ぐのは無理なのでは?」と感じていた人もいるかもしれませんが、実際のところ、工夫しさえすればスワップで稼ぐことも夢ではありません!よって

 

  • リスクを最小限にしたい場合は「両建て作戦」
  • リスクがあっても良いなら「トルコリラ/ユーロ作戦」

 

を行うことがおすすめです。

 

しかし海外FX業者の場合、国内FX業者と違ってレバレッジを高くしやすいため、スワップポイントだけにこだわっているともったいないです。レバレッジを高くして普通にトレードしたほうが、結果的に稼げるかもしれませんので、このあたりはリスクとリターンのバランスの中で考えていきましょう。


関連記事