FXで稼ぐためのコツおよび注意しておくポイント

FX 稼ぐ

FXはハイリターンではあるもののハイリスクな投資というイメージが強いでしょう。一握りの人しか稼げないというイメージがありますが、実際コツを押さえて堅実に取り組むことで稼げるようになる可能性は大いにあります。

 

今回は、FXで稼ぐためのコツや注意しておきたいポイントを見ていきますが、FXで稼げない場合の理由についても紹介していくので、自身のトレード方法を見直すきっかけとして見てくださいね。

 

FXで稼げない理由について

FXはすべてにトレードに勝つ必要はなく勝率60%ほどで稼げるようになると言われています。意外とハードルが低いように感じますが、それでも途中で撤退を余儀なくされるトレーダーが多いのも事実です。
ではFXで稼げない場合においての理由について見ていきましょう。

 

簡単に稼げると勘違いしていない?

FXは「買って売る」「売って買う」というシンプルな仕組みで利益が出る投資です。そのため何となくFXを理解している人だと「簡単に稼げる」と勘違いしてしまう傾向にあります。

 

「センスが重要」「一か八かのギャンブルだ」などと勘違いが横行してしまうと、一時的な成功の後に失敗が続いて資産を失ったりハイレバトレードで大損失を出したりしてFX市場から撤退してしまうこととなってしまいます。

 

リスクヘッジができていないのでは?

FXは確実な相場予測や絶対外さないトレードスタイルなどにおいて正解はありません。どんなに優れたトレーダーでも負けることは当然ながらあります。でも稼げるトレーダーは、利益を出すトレードスキル以外にリスクヘッジへの考え方がしっかりしています。一定のラインまで相場が下がったら損切りするなど、損失を減らすことは常に大事です。
リスクヘッジをせず、ハイレバレトレードを続けたりむやみに無駄なテクニックを使ったりすると、大きな損失を被る可能性は高くなります。

 

メンタルコントロールができていないのでは?

FXで稼げていない人は、自分の感情に流されてしまう傾向にあります。損失が出ている状況を受け入れずに上昇トレンドになると信じ損失をさらに膨らませてみたり、負けが続いている時に一気に取り返そうと無茶なトレードをしたりすれば損失は大きくなるでしょう。

 

FXにおいて、メンタルコントロールはトレードスキルや経験と並んで重要な要素です。

 

FXで稼ぐコツは?

FXで稼げている人は元からセンスがある人も当然います。しかしコツコツと努力をし「億り人」になったトレーダーも普通にいます。FXで稼ぐには、やり方やコツを知ることはとても大切と言えます。

 

ここからはFXで稼ぐコツについてご紹介していくので、ぜひ参考にして実践してみましょう。

 

FXの知識を身に付ける

FXで稼ぐためには、まずFXに関わる基本知識を身に付ける必要があります。FX専門用語はもちろん、取引方法やトレードスタイル、チャートの見方、エントリータイミングの見極めといった知るべき知識は多くあります。この知識がないと実際のトレードで結果を出したり研究をしたりすることはとても難しいため、まずFXについて知る努力をしましょう。

 

トレードを記録して研究する

FXトレードは当然失敗することもあります。しかし稼げるトレーダーは失敗した理由を研究しています。失敗する理由を知ることによって、自分のトレードの癖や勝つために必要なこと等が見えてくるでしょう。トレードを行ったら一喜一憂するのではなくしっかり記録し、その後分析をして研究を続けましょう。

 

自分でマイルールを決める

稼げるトレーダーの共通点として、自分なりの取引ルールを決めているとか。
日をまたぐポジションを持たない、ハイレバトレードは控える、などの独自ルールがあります。ルールを決めないと、感情に流されたトレードになったり同じ失敗を繰り返したりしますので、安定して稼ぐために、自分に合ったルールを決めることはとても大切となります。

 

メンタルコントロールに力を注いでみる

FXにおいてはメンタルコントロールも大切な要素です。どんなにトレードスキルや判断能力があったとしても、稼ぎたい気持ちが前面に出て無謀なトレードをしてしまえば高確率で失敗してしまいます。損失が確定している状況でロスカット前に損切りする、トレンドが危ういときに利益を求めすぎずに決済する、といったリスクを頭に入れたメンタルコントロールは絶対に欠かせません。

 

ロスカット前に損切りするのは大事

損失が一定のラインを下回ると強制ロスカットが行われて損失確定します。
ロスカットされる前に、トレンドが回復するはず!と思って粘っているとかえって損失が膨らんでしまうこともあります。損失を最小限にとどめるために損切りは必要です。損失が大きくなってしまう前に、早めに手を打ちましょう。

 

レバレッジを大いに活用してみる

レバレッジを利かせることで、少ない証拠金でトレードをスターㇳできます。国内FX業者を利用すれば最大25倍、海外FX業者を利用すれば数百倍~数千倍のレバレッジを利かせることができます。その場合100万円の取引をする場合、4万円の証拠金で取引を始められ、大きな利益を出せる可能性もありますが、割の良いトレードができる反面、損失が増える恐れもあります。ハイレバトレードのし過ぎはおすすめできませんので適度なレバレッジに設定した上、無理のない範囲でトレードしましょう。

 

ボーナスやキャッシュバックを活用する

FX業者によっては取引に応じてボーナスやキャッシュバックをもらえることがかなりあります。
ボーナスやキャッシュバックはトレード資金として利用できるので、お金を使わずにトレードを始められますので、ボーナスを使ってトレードの感覚をつかんだり、取引ツールの使い心地を確かめたりするといった使い方もありですね。

 

FXで稼ぐために注意しておきたいポイントについて

FXで稼ぐコツとして、質の高いトレードができるようになるだけでなくリスク管理を徹底することも有効でしょう。無理なトレードは失敗につながります。しっかり注意したいポイントを押さえましょう。

 

余剰資金でトレードすること

FXトレードは、生活資金では行わないようにすること。勝ち続ければ生活資金を上回るお金を稼げるケースもありますが、損失がでた場合にその後の生活には支障が出てしまいます。
生活資金をしっかり確保し、余剰資金でトレードすることが大切です。それであれば純粋にトレードに使えるお金なので、プレッシャーを感じすぎずに平常心でトレードに取り組むことができます。

 

勘に頼った理由のないトレードはしないこと

コツをおさえてトレードを続けていくと「このチャートならいけるかもしれない」という勝手な思い込みに頼ってしまいがちです。しかし、勘に頼った理由のないトレードは失敗しやすくなります。実際相場には正解がありません。上昇傾向があったとしても急に下落する可能性も当然ながらあります。どんなにFXに慣れたとしてもしっかり相場やトレンドを見極め、根拠を持ったトレードを行いましょう。

 

まとめ

FXで稼げない時、リスクヘッジができていない、メンタルコントロールできていないなど、何かしらの理由がありますが、稼げない理由を徹底的に研究し、稼ぐコツを実践することにより稼げる可能性はかなり高まります。
コツをおさえたとしても、生活資金をトレードに使ったり利益を求めすぎたりすれば大損失を出しかねません。
稼げるためのコツと注意しておきたいポイントをしっかり押さえ、FXで稼ぐことができるトレーダーになりましょう。


関連記事