FXのナンピンで大切なのは資金管理だ

FX ナンピン 資金管理

今回はナンピンについて知っておきたい基礎知識およびナンピンを行うときに重要な資金管理について見ていきます。

 

ナンピンのやり方とは?

ナンピンのやり方はとてもシンプルで決して難しいものではありません。
ある時点でこれから相場が上昇すると予想するとします。しかしいつ上昇するのかの判断が難しいことは当然あるでしょう。すぐに上昇することもあれば、上昇するのに時間がかかってしまうことも普通にあります。
場合によっては、一度下落してから上昇するかもしれませんが、そんな時とりあえず買いでエントリーを行い、そのまま上昇すれば利益が得られ、一度下落しても買い増しを行うことで最終的な利益に下落分を加えることを可能にします。

 

ナンピンのメリット・デメリット

ナンピンにもメリット・デメリットがあります。両方を押さえておけば、ナンピンの特徴をつかみやすくなります。

 

ナンピンのメリットとは?

まずナンピンのメリットですが、もっとも特徴的なものとして、エントリーが甘くても何とかなるということです。
相場の大まかな流れが掴めてさえいれば細かいボラティリティを気にしなくてもよい点がナンピン最大のメリットと言えそうです。

 

それ以外のメリットは以下の通り、

 

  • エントリーの精度が低くてもOK
  • エントリーしたときの平均単価を下げることが可能
  • 損切り回数を極力少なくできる
  • 予想と反対に動いたとしても、投入できる資金があって安心

 

です。

 

ナンピンのデメリットとは?

一方ナンピンのデメリットには損失が大きくなるということがあります。予想と反対方向に動いたとき、ナンピンを何度行っても一向に予想通りの方向に値動きしない場合が発生してきます。そんな時は最終的にロスカットするしかないのですが、エントリーを繰り返すナンピンでは損失が大きくなってしまいがちです。

 

その他デメリットは以下の通り

 

  • 予想と反対に向かって一直線に動いたら大きな損失が出てしまう
  • 取引あたりの損失が大きくなる

 

です。このようなリスクを減らすのに、ナンピンにおいては資金管理がとても重要です。

 

ナンピンで重要となる資金管理について

FXにおいての資金管理はリスクコントロールするのには欠かせないものです。
トレードの世界ではいかに市場から退場することなく長く続けられるかが成功の鍵となります。
そのためナンピンを行う場合、資金管理はとても大切になります。

 

通常の取引よりも小ロットでトレードを行う

ナンピンは何度かに分けてエントリーを行うことになるため、通常トレードよりもエントリー一度あたりのロット数は小さくしなければならなくなるものです。
たとえば、10Lotの取引を行おうと考えている場合、ナンピンを行うのには10Lot未満でエントリーを行います。
2回に分けてエントリーを考えている場合、5Lotに分けて取引、3回に分けてエントリーを考えているのであれば、3Lotずつなど、分割する必要があります。

 

もし予想と反対方向に動いたら、最初にエントリーのLot数が小さければ小さいほど、含み損を小さくすることが可能です。含み損と初回Lot数の関係は以下の表を参照ください。

 

前提条件⇒$1が111円で買いの初回エントリー、$1が110.5円で2回目エントリー、その後110円まで下落して3回目のエントリーを考えている場合

 

初回⇒2回目 含み損
初回ロット数 9⇒2回目ロット数1 95,000円
初回ロット数 6⇒2回目ロット数3 75,000円
初回ロット数 3⇒2回目ロット数6 60,000円
初回ロット数 1⇒2回目ロット数3 25,000円

 

3回目のエントリーを検討している場合の含み損ですが、初回および2回目のLot数によって大きく違うことがわかります。

 

ナンピンを行う際にLot数をどのように分けるのか判断するのはとても難しいです。テクニカル分析やファンダメンタルズ分析から戦略を考えるしかありません。

 

  • すぐに上昇する可能性が高い場合には初回のLot数を多めに
  • いったん下落してから上昇する可能性が高い場合には初回のLot数は少なめに
  • 判断をつけるのが何とも難しい場合には初回Lot数はほどほどに

 

このように相場判断によって初回Lot数、2回目以降のLot数を決めるしか手段はありません。2回目以降では、相場のリアルタイムの状況からLot数を柔軟に決定する必要はあるでしょう。

 

途中で損切りすることも大切です

相場はリアルタイムで刻々と変化するので、途中でナンピンが上手くいかないと判断したら、ためらわずに損切りします。いずれ反転すると思ってナンピンを繰り返したとしても、一向に相場が反転しないことはFXの世界であります。その場合、含み損が膨らみ泥沼状態に陥ってしまう可能性は非常に高くなりますので、最悪の事態にならないためにも、早急な判断が必要になります。

 

ナンピンを行う回数を制限しよう

またナンピンの回数を制限することによって、無限にナンピンを繰り返してしまう失敗を防ぐこともできます。
ある程度回数を決めておきさえすれば、その回数以上のナンピンを行うことができずリスク管理はしやすくなります。
その結果として、ポジションを持つことに対して諦めがつきやすくなり、損切り決断がしやすくなるのもメリットと言えるでしょう。

 

理想を言えば、回数を制限せずそのときの状況判断でナンピンを続けるのか止めるのかを判断するのはよいことです。
しかし状況判断に自信のないFX初心者は、回数制限しておけばリスクを小さくすることができると思います。

 

無限ナンピンは止めておくことが賢明

エントリー1度あたりが少額であればリスクが小さくできることは確実です。
しかしながら、無限にナンピンを繰り返してもよいものでしょうか?
おそらくほとんどのトレーダーは「止めておいた方がよい」と答えるのではないでしょうか。
FXは同じ方向に長期間値動きすることが多いという特徴があります。この特徴から、FXでは順張りを行うことが鉄則であると言われています。含み損が出てしまっている場合、逆張りのようなトレードを行わなければならないのがナンピンです。状況次第では、非常に危険なトレード手法となってしまうのがナンピンなのです。

 

マーチンゲール法は有効?

カジノやギャンブルの世界においてはマーチンゲール法という手法が有名です。これをFXにも適用しようという人が多くいます。こちらも無限ナンピンと基本的には同じ手法と考えてよいものです。

 

マーチンゲール手法を簡単に説明すると、「勝つまで負けない手法」です。理屈はとても単純で、最初の掛けで1万円負けたら次は2万円。それでも負けたら4万円というように、掛け金を2倍に増やしていくような手法となっています。

 

FXでは、トレンドが続きやすいとはいうものの、どこかではトレンドの転換や調整が起こるのがほとんどです。そうした意味でマーチンゲール手法は有効となり得るのですが、期待値で考えたときやる価値があるかは難しいところでしょう。非常に小さな可能性とはいえ、大損失を出してしまう可能性がある一方、利益はごくわずかなものとなっています。そのため資金管理という面では、あまりおすすめできない手法です。

 

まとめ

今回はナンピンについて、資金管理を中心に見てきましたが、ナンピンを行う場合、勝つためには状況判断が鍵になります。マーチンゲール手法を使ったドカンと大きな損失が出てしまうナンピンは避け、適度な金額と回数でナンピンを行うことがベストです。


関連記事