FXのナンピン最強理論は本当か?

FX ナンピン最強

今回、FXトレードにおける「ナンピン」について見ていきます。
ナンピンは漢字で「難平」と書きますが、これには、「難」を「平(均する)」という意味があります。

 

「ナンピン最強」と語るFXトレーダーさえいるほどですが、本当に最強と言えるのでしょうか?

 

FXにおけるナンピンとは何か?

ナンピンとは、「含み損になっているポジションを、さらに買ったり売ったりする行為」のことを言います。

 

たとえば、「購入したときのポジション」から2円下がったとしましょう。
この場合もう一度2円が上がって(=元に戻って)くれないと、プラスマイナスゼロにはなりません。

 

しかし「2円下がったタイミング」で同じLot数の購入を行っておけば、1円上がるだけでプラスマイナスゼロにすることが可能となります。

 

FXのナンピン最強理論は間違い?

結論を言うと、FXにおけるナンピン最強理論は間違っていると思われます。
「ナンピン」と他手法を組み合わせれば、最強に近い手法を構築する事はできるかもしれませんが、ナンピン単独で最強という事はあり得ません。先ほど「1円上がるだけでプラスマイナスゼロになる」という例を挙げましたが、必ず上がるなどとは誰もわかりません。さらに下がってしまえば損失はさらに大きくなります。
FXにおけるナンピンは非常にリスクが高いと考えておきましょう。

 

FXで「ナンピン最強」に近づけそうな人とは?

ですが、ナンピン手法が向いている人も確かにいるでしょう。
それは「根拠あるFXトレードができる人」「中級者以上」です。

 

1.根拠のあるFXトレードができる人

「こういった条件になったらナンピン買い(売り)をする」という確かな自分ルールを作っていれば、ナンピン手法を取り入れても構いません。また「含み損がここまできたら損切りを行う」など基準を決めておく必要もあります。

 

2.中級者以上

また、FXの中級者以上でないとナンピン手法はおすすめしません。

 

  • テクニカル分析のノウハウを持っている
  • チャートの反転のタイミングが予測可能
  • 淡々と損切りできるメンタルがある

 

といった条件を満たしていれば中級者以上でありナンピン向きです。

 

FXでナンピン最弱になる人の性質

次にFXにおいてナンピン最弱になってしまう人について見ていきます。

 

  1. FX初心者
  2. 行き当たりばったりでトレードする人
  3. 含み損があるとアタフタする人

 

以下見ていきましょう。

 

1.FX初心者

先ほどご紹介した中級者条件をすべて満たしていない人は、ナンピン手法を取り入れないほうが良いでしょう。どんどん深みにはまって、根拠のないナンピンを続けてしまう可能性が高いと言えます。

 

2.行き当たりばったりでトレードする人

根拠のないFXトレードをする人もやめた方がいいです。

 

  • ここから更に下がることはない(気がする)
  • さすがに反転(するはず)
  • そろそろ勝てる(はず)

 

言ってみれば「取引をするタイミングで最悪な状況が発生するはずがない」という勝手な発想ですが、もちろん何の裏付けも根拠もありません。

 

FXトレーダーは何度も何度もトレードするわけですから、最悪な状況は頻繁に起きると考えておきましょう。いつまでも「最悪の事態は絶対に起きない」という考え方が捨てられない人はFX自体向いていません。

 

3.含み損があるとアタフタする人
  • 含み損があるだけで追い込まれている気がする
  • 含み損があると顔が画面に近づく
  • 含み損があると息が荒くなる

 

といった方もナンピン手法は全く向いていません。
常に冷静な判断力を失っているのですから、強引なナンピン買い(売り)をして泥沼にはまる可能性は高いです。この負けを取り戻すために、ナンピン買いをしよう!という安直な発想となってしまうかもしれません。

 

しかし、FX中級者以上の人なら含み損が発生しようが含み益が発生しようがメンタル面はほぼ変わりません。そこまでの経緯はトータルで利益を出すための一過程でしかないからです。

 

ナンピン最強になりやすい相場タイプって?

一般的には、

 

トレンド相場:上がり(下がり)続ける傾向にある相場
レンジ相場:一定の幅で上下を繰り返す相場

 

2種類の相場タイプがあるのですがご存じでしょうか?

 

トレンド相場は、基本的に反転しにくく、反転しなければプラスにならないナンピンには向きません。それでも一気に反転するタイミングを予測できるのならナンピンは役立ちます。

 

レンジ相場の場合、細かな反転を繰り返すので、ナンピン手法が有効であることは多いです。

 

そのためナンピンを行うなら「レンジ相場」がおすすめです。とはいうものの、トレンド相場のほうがレンジ相場よりも値動きを予測しやすい、といった特徴もあり、どちらにせよFX初心者にナンピンは向かないと思われます。

 

ナンピン手法を諦めない!

ナンピン手法単独で「ナンピン最強」にしたければ、反転するタイミングを高い精度で予想することが必須です。
また「回数を決めてナンピンする」「自分で決めた損切りラインを厳守」といったことも必要となります。

 

であれば「ナンピンはしなくてもいい」と感じる方もいるかもしれませんが、それもおすすめできません。
なぜなら、他方法と組み合わせれば、ナンピン最強に近づくかもしれませんし、上手くいけば利益は大きいからです。

 

そのため、FX初心者の段階から「3日に1回はナンピン買いに挑戦!」などのルールを決めておき、徐々にナンピンスキルを鍛えておくと良いかもしれません。

 

ナンピンと他手法を組み合わせた例

 

・無限ナンピン

→下がり続けている間買い続ける方法。上手くいけば大勝、バーストすれば大負けします。基本的におすすめできません。

 

・ナンピンマーチンゲール

→ナンピンとマーチンゲール法を組み合わせた方法。人気はあるものの、安定性が低く工夫は必要。

 

・逆張りナンピン

→反転するタイミングを予想し、後は逆張りでエントリーし続ける方法。上級者以上となるFXトレーダーにおすすめ。

 

まとめ:FXにおいては単独で「ナンピン最強」とはならないが有効な手法である

今回は、FXにおける「ナンピン最強理論」に関してお伝えしてきました。

 

ナンピン手法は、

 

  • 当たれば大きいがリスクも甚大
  • FX初心者には向かない手法
  • メンタルが弱い人には向かない手法
  • 反転タイミングが予測できない人には向かない手法

 

デメリットがたくさんあるため、あまりおすすめすることはできません。
とはいうものの、

 

  • 中級者以上であれば有効な戦力となる場合も
  • レンジ相場に慣れてきたら役立つ可能性は高い
  • 他手法と組み合わせれば「ナンピン最強」になる可能性も

 

といった具合に、ナンピン手法を捨てさってしまうのも良くないと思います。

 

FX初心者のうちから少しずつナンピンに挑戦していく事でテクニックを身に付けましょう。


関連記事