FXでレバレッジなしは儲かるか?

FX レバなし

FXでの楽しみの一つとして、レバレッジをどのように設定するかがあります。
しかし、レバレッジを高くすればするほど、大きな損失となる可能性も高くなるという考え方もあります。実際安定的に儲けているFXトレーダーはレバレッジなしでトレードしている人も多いです。

 

今回はレバレッジでリスクを取りたくないと考えている方に、レバレッジなしのトレード方法だと儲けられるのか?またレバレッジなしのトレードとレバレッジかけたトレード、どちらの方がいいのか?などレバレッジについての基礎知識から見ていきます。ここでレバレッジについてマスターしていきましょう!

 

レバレッジとは?国内FXと海外FXでは基準が違います

そもそもレバレッジとはどのようなものなのでしょうか?
レバレッジとは「元手となる証拠金にレバレッジをかけることによって何倍もの資金でトレードができる」方法です。
たとえば国内FXですと、最大25倍のレバレッジが掛けられるので、100万円の証拠金で100万円×25倍=2,500万円分の取引ができます。この証拠金と取引高の差を「レバレッジ」といいます。

 

今回はレバレッジなしについての内容のため、レバレッジなしになると100万円の証拠金で、等価の100万円の取引をするということになります(レバレッジなし=レバレッジ1倍)。

 

このレバレッジには上限があります。特に国内FXはレバレッジが最大25倍までと上限が金融庁により定められています。
しかし海外FXにはレバレッジ上限が無く、各FX業者が自由に決めているものが多くあります。

 

ではレバレッジなしとはどのようなトレード方法となるのでしょうか?

 

プロトレーダーがレバレッジなしでトレードする方法についてご紹介していきます。

 

レバレッジなしのおすすめトレード方法について

レバレッジなしのFXトレード方法には、とてもシンプルでかつ簡単なトレード方法があります。
その際ひとつだけ守るポイントがありますが、口座残高以上の大きさの取引ロット数でトレードをしないという点を守りましょう。

 

まずレバレッジなしのFXにおける最大のメリットを紹介していきます。

 

レバレッジなしメリット

1.強制ロスカットがされない

レバレッジなしトレードのメリットは、強制ロスカットされない事でしょう。
強制ロスカットとは、一定以上の損失を出さないために強制的に決済が行われるものです。これはFX業者が定める証拠金維持率を下回った際に発生していきます。
レバレッジが大きくなるほど証拠金維持率は高くなるので、少ない資金で多くのポジションを持つと強制ロスカットの危険が高くなります。しかしそもそも多くのポジションとならないレバなし取引だとロスカットは行われないのですね。
これが安定的に儲けられるポイントです。

 

2.取引手数料はかからない

案外知られていないのですが、外貨預金等のトレードでは取引手数料がかかりますが、FXの取引手数料は無料のケースが多いです。レバなしFX取引と外貨預金の取引は同じように考えられる事は多いですが、FXに手数料がかからない点において、レバレッジなしでFXトレードをするメリットはあります。手数料はトレード数をこなしていけば大金になるので、出来るだけなしで取引したいですね。

 

3.利回りが高い

スワップポイントとは、FXで外貨預金の金利に相当しますが、外貨預金の金利よりも利回りが高いためお得です。
スワップポイントとは高金利の通貨と低金利の通貨との金利差ですが、高金利の通貨を売り低金利の通貨を買う際には、スワップポイントは支払いとなるので注意しましょう。

 

次にレバレッジなしのデメリットについて見ていきます。

 

レバレッジなしデメリット

 

1.長期保有が必要となる

レバレッジなしのデメリットは、一度に大金を儲けることは出来ない上、長期保有する必要がある点です。

 

2.大きな利益を得られない

レバレッジなしの場合は大きな証拠金がないとほとんど儲けはありません。そのため元手資金が少ない人にはコツコツ貯めていく事が必要になります。一攫千金を狙いたい場合にはレバレッジの利用をおすすめします。

 

海外FXでレバレッジを自由に楽しもう

レバレッジなしとレバレッジありでは大金を儲けられる可能性があるのはレバレッジありです。
しかし、レバレッジを高くして借金を抱えるのは嫌だ!という方も多くいます。

 

最終的の儲けがあればFXトレードは成功といえますが、レバレッジなしでは長期で保有し安全な取引をしても運が悪ければ結局損失も出るかもしれません。そのような事を避けるため、安全な取引をする口座とレバレッジを楽しむ口座の二つを保有するFXトレーダーもいます。

 

特に海外FXならレバレッジは自由に増やしたり減らしたりする事が可能。海外FXの最大レバレッジが3,000倍のFX口座もあるので、証拠金を少なくしてハイレバレッジでトレードを行い、一攫千金を目指すのもいいかもしれません。

 

海外FXはハイレバレッジも怖くない

海外FXは、絶対に借金を作らない「ゼロカットシステム」というシステムがあります。
このゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスとなり借金となってしまった際、その損失分を海外FX業者が補填してくれるという海外FXだけのサービスです。つまり失うお金は口座内に預けている分だけなので、ハイレバレッジで無茶なFXトレードをしても借金にはならないのです。

 

それ故、ハイレバレッジで自由に楽しくFXトレードが出来る海外FXがおすすめです。

 

しかし、きちんとルールを決めて損切りしないとFXトレードに失敗する人も多くいます。
損切りできないトレーダーがレバレッジを高くしてトレードした場合、自己資金をゼロにしてしまうことはよくあります。「ゼロカットがあるから」といった安心感が逆にギャンブル性を高めてしまうのです。

 

そんなギャンブルのようなFXトレードをしないためにはまず資金管理を徹底しましょう。
ゼロカットが適用されるのはロスカットが間に合わなかった場合の損失のため、資金管理がまだ正確にできない人は相場が変動する時はトレードしないほうがよいです。

 

まとめ

さて、FXにおいてレバレッジなしの取引について紹介してきました。

 

  • 強制ロスカットが無い
  • 手数料がお得
  • 利回りが高い
  • 長期保有の必要がある
  • 大儲け出来ない

 

いろいろなFXトレード手法を試してみて、自分に合ったトレード方法を見つけましょう。

 

 


関連記事