TITANFXにおけるデモ口座のスペックは?開設にあたっての注意点も解説

TITANFX デモ口座

FX業者にはいろいろなタイプの口座が用意されています。
ただ、中にはいきなりリアル口座を開設することに抵抗感を抱いている方もいるかもしれません。
そういった方におすすめなのがデモ口座です。
TITANFXにもデモ口座が用意されているのですが、今回はTITANFXのデモ口座のスペックやデモ口座開設にあたっての注意点について触れていきたいと思います。

 

TITANFXのデモ口座のスペックについて

TITANFXのデモ口座のスペックは、以下の通りです。

 

口座タイプ Zeroスタンダード口座、Zeroブレード口座
レバレッジ 1倍、25倍、50倍、100倍、200倍、250倍、300倍、400倍、500倍
ベース通貨 円、米ドル、ユーロ、豪ドル
口座資金 最高500万円
サーバー速度 リアル口座と変わらず
取引手数料

Zeroスタンダード口座:なし
Zeroブレード口座:あり

EA・インディケーター リアル口座と変わらず

 

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

口座タイプ

TITANFXにはZeroスタンダード口座とZeroブレード口座というふたつの口座タイプが用意されているのですが、デモ口座ではこの両方の口座タイプで利用可能となっています。
どちらの口座タイプを選択したとしても、スプレッドや取引手数料、スワップなどリアル口座と同じ環境が用意されています。
海外FXの中には複数の口座タイプを用意していても、デモ口座では一部の口座タイプしか使えないということもあります。
もともと用意している口座タイプが少ないのもあるのですが、デモ口座で両方の口座タイプを利用できるのはTITANFXにおける大きな魅力です。

 

レバレッジ

TITANFXの最大レバレッジは500倍なのですが、デモ口座でもリアル口座と同じように最大500倍のレバレッジでのデモトレードが可能となっています。
以下の9種類のレバレッジから選択していくことになります。

 

1倍 25倍 50倍
100倍 200倍 250倍
300倍 400倍 500倍

 

ただし、デモ口座の場合には後からのレバレッジ変更ができません。
もしデモ口座でレバレッジを変更したい場合には、追加のデモ口座を開設する必要があります。

 

ベース通貨

ベース通貨というのは口座資金に使う通貨のことなのですが、TITANFXのデモ口座では以下の4種類の通貨から設定ができるようになっています。

 

円(JPY) 米ドル(USD)
ユーロ(EUR) 豪ドル(AUD)

 

リアル口座ではこれにプラスしてシンガポールドル(SGD)が選択できるようになっているのですが、デモ口座ではシンガポールドル(SGD)は選択できなくなっています。
このベース通貨に関しても一度設定してしまうと後からの変更ができません。
ベース通貨を変更したい場合には、レバレッジ変更のときと同じように追加のデモ口座を開設するようにしましょう。

 

口座資金

TITANFXのデモ口座での口座資金は最高500万円(仮想資金US$50,000)で、1万円単位で調節ができるようになっています。
ただし、追加での入金はできません。
デモ口座で口座資金をリセットしたい場合にも、追加のデモ口座を開設する必要があります。

 

サーバー速度

FX業者の中にはデモ口座だとサーバー速度が落ちてしまうところもあるのですが、TITANFXのデモ口座に関してはサーバー速度が落ちるといったことはありません。
TITANFXに限ったことではないのですが、基本的にデモ口座からの注文はマーケットを通すことはありません。
あくまでもデモトレードになりますので、実際の市場に影響を及ぼすことはないのです。
そのため、通信の遅延などが起こらない限りはスリッページは発生しません。
逆に、リアル口座でのリアルトレードはマーケットを通して注文をおこないますので、実際の市場に影響を及ぼしますし、スリッページが発生する可能性は高くなります。

 

取引手数料

デモ口座での取引手数料もリアル口座と同じです。
Zeroスタンダード口座の場合にはもともと取引手数料がかかりませんが、Zeroブレード口座の場合には1.00ロット(100,000通貨単位)あたり $3.50の手数料がかかることになります。
ちなみに、取引手数料は注文の決済時に口座残高から差し引かれる形になります。

 

EA・インディケーター

EA・インディケーターに関しても、デモ口座とリアル口座で違いはありません。
EA・インディケーターを動かしてバックテストをおこなうこともできますし、EA・インディケーターを作成することもできます。
EA・インディケーターを試すためにデモ口座を開設する方もいるくらいです。

 

TITANFXでデモ口座を開設する際には以下のふたつの注意点があります。

 

口座開設にあたってのメールアドレス
デモ口座の無期限化

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

口座開設にあたってのメールアドレス

TITANFXでデモ口座を開設するにあたっては、メールアドレスの入力が必要になります。
docomoの「@dokomo.ne.jp」や auの「@ezweb.ne.jp」といったメールアドレスだとTITANFXからのメールが届かない可能性がありますので、Yahoo!の「@yahoo.co.jp」やGoogleの「@gmail.com」などのフリーメールで登録するようにしましょう。
もちろん、独自ドメインのメールアドレスでもOKです。

 

デモ口座の無期限化

デモ口座には期限があり、無期限化が可能な場合があります。
MT4デモ口座の場合には使用期限が30日となっているのですが、TITANFXでライブ口座を持っているユーザーであればMT4のデモ口座の無期限化を設定することができます。
もしMT4デモ口座の無期限化を希望する場合には、その旨と合わせて以下の情報をTITANFXのサポートチームに連絡を入れましょう。

 

ライブ口座番号
アルファベット表記のフルネーム
登録しているEメールアドレス
デモ口座番号

 

ちなみに、期限が切れる前でないと無期限化はできません。
一度期限が切れてしまうとデモ口座を復活させることはできませんので、注意しておきましょう。
また、MT5デモ口座の場合にはそもそも無期限化の設定ができません。
最後のログインから30日後にログインができなくなりますので、定期的にログインをおこなっていきましょう。
MT5デモ口座に関してもMT4デモ口座と同じように一度期限が切れてしまうと、デモ口座を復活させることができません。

 

TITANFXのデモ口座を有効活用しよう!

TITANFXのデモ口座では、リアル口座とほとんど変わらない条件、環境でデモトレードができます。
FXトレードにある程度慣れている方であればデモ口座を開設せずにいきなりリアル口座を開設してもいいのですが、初心者の方はデモ口座で使い勝手を確認しておいたほうがいいかもしれません。
デモ口座でもいろいろと得られるものはありますので、TITANFXのデモ口座をしっかりと有効活用していきましょう。


関連記事