TITANFXの金融ライセンス事情について徹底解説

TITANFX 金融ライセンス

海外FXを選択するにあたっては、その金融ライセンスをチェックしたほうがいいという話をよく見聞きするかと思います。
金融ライセンスだけですべてを判断するのは危険なのですが、確かにそのFX業者が金融ライセンスをそもそも取得しているのか、またどのような金融ライセンスを取得しているのかはひとつの目安になってきます。
ここでは改めて、TITANFXの金融ライセンス事情についてお話していきたいと思います。

 

TITANFXが公開しているライセンス情報

まずは、TITANFXが公式サイトのほうで公開しているライセンス情報について見ていきましょう。

 

会社名 Titan FX Limited
所在地 1st Floor, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Vanuatu
企業形態 株式有限責任私会社
会社法 国際事業会社法
登録番号 40313
企業コード (LEI) 549300ODCM88F7ZUYN19
外国口座税務コンプライアンス法 (FATCA) 区分 参加FFI
グローバル仲介者認識番号 (GIIN) LGDLTN.99999.SL.548
金融当局 バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)
金融ライセンス 金融ディーラーライセンス (Principal)

 

公式サイトでは納税地や納税者番号、責任者の名前などまでしっかりと公開されています。
記載されている住所などもきちんと確認ができましたし、ここに記載されている金融ライセンスに関しても実際に取得していることが確認できています。
金融ライセンスも含めて、TITANFXが公開しているライセンス情報は信頼性が高いと言えるでしょう。

 

TITANFXが取得しているバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスとは?

では、TITANFXが取得しているバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスについて詳しく見ていきましょう。
バヌアツ共和国は南太平洋に浮かぶ小さな島国で、所得税や法人税などがない「タックスヘブン」「タックスヘイブン」として知られています。
1993年に設立されてからは「バヌアツが国際的な信頼性のある金融センターとして認められるように適切に管轄企業を監督すること」「すべての管轄企業に公平中立に接すること」を目標に掲げつつ、バヌアツ国内の金融サービスの規制をおこなっています。

 

バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)は2019年3月から規制を強化

バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)は2019年3月あたりから金融機関に対する規制を強化しました。
具体的には、以下のように規制が強化されました。

 

金融ライセンスをA、B、Cのクラスに分類し、それぞれで特定の金融サービス提供が定められる
すべての法人の取締役は少なくとも5年の証券取引経験を有していなければならない
法人の経営者もしくは取締役は1年のうち6ヶ月以上はバヌアツに滞在しなければならない
ソフトウェアシステムが備わった不動産所有が強制される
金融機関を監査する独立監査法人は事前にVFSCの認可を得なければいけない
専門職業賠償責任保険への加入が義務付けられる

 

これらの規制強化は、企業にしてみると超えるべきハードルが追加されたようなものです。
一方で、バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)としてはこういった規制強化を通して、バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスの信頼性をより高めようとしているのです。
規制強化の内容からしても、より経営基盤がしっかりしている企業のみが金融ライセンスを取得できるものと考えられます。
ちなみに、こういった規制強化の動きというのはバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)だけではなく、業界全体で見られるようになっています。
これからは金融ライセンスとしては信頼性が疑われていたようなものでも、その信頼性を高め、難易度の高い金融ライセンスへと変わっていく可能性があります。
TITANFXのように金融ライセンスを取得する側にしてみるとハードルが高くなるので厳しい部分も出てくるでしょうが、FXトレーダーにとっては金融ライセンスの難易度が上がることによってFX業者が厳選されるので助かります。

 

TITANFXは以前は別の金融ライセンスを取得していた?

2021年8月時点で、TITANFXが取得しているのはバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスです。
しかしながら、何年か前までは別の金融ライセンスを取得していました。
それがニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)の金融ライセンスです。
ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)に関してはそもそもこれが金融ライセンスと言えるのかどうかという部分でも議論になっています。
なぜかというとニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)が金融サービスを提供している業者であることを名簿に登録して管理している組織だからです。
つまり、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)は正式な金融規制機関とは言えないのです。
ただ、その一方でニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)で金融ライセンスを取得するのには、それなりのハードルを超えなければいけません。
信頼性がまったくないわけではないですし、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)においても金融ライセンスの取得にあたっての難易度は上がっていると言われています。
しかしながら、それでもFX業者が掲げる金融ライセンスとしてはやや弱い部分があったのです。
TITANFXはこのニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からより信頼性の高いバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスに切り替えたわけです。

 

金融ライセンスを過信してはいけない

TITANFXは金融ライセンスをニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)のものからより信頼性の高いバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)のものに切り替えたことによって、FX業者としての信頼性を高めました。
ただし、金融ライセンスを過信してはいけません。
そのFX業者が本当に安心して利用できるのかどうかは、金融ライセンスだけで判断することはできないのです。
なぜかというと、金融ライセンスは水物だからです。
特に今は難易度が低いと言われていた金融ライセンスがその難易度を上げてきていますし、今後、圧倒的な信頼性を誇っていた金融ライセンスがその難易度を急激に下げてくる可能性もあるのです。
金融ライセンスはFX業者を選ぶ際の目安にはなりますが、それが絶対ということではないのです。

 

TITANFXはトータルで見て安心できるFX業者

正直なところ、難易度で見れば今現在TITANFXが取得しているバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)よりも難易度が高い金融ライセンスはあります。
ただ、TITANFXは金融ライセンス以外の面でも実績やサービスの質などでその信頼性を確実に高めています。
金融ライセンスも含めてTITANFXはトータルで安心できるFX業者であると言えるでしょう。


関連記事