TITANFXの高い約定能力とその理由について徹底解説

TITANFX 高い約定能力

海外FXに限ったことではないのですが、FXトレードにおいてはその約定能力というものが重視されます。
なぜかというと、約定能力によってFXトレードの結果が大きく左右されてくるからです。
海外FXの中でもTITANFXはその高い約定能力が評価されているのですが、ここでは改めてTITANFXの高い約定能力とその理由について徹底的に解説していきたいと思います。

 

そもそも約定能力とは?

TITANFXの高い約定能力について触れていく前に、そもそも約定能力とは何なのかというところからお話していきましょう。
約定能力というのは、FX業界でよく使われる専門用語のようなものです。
FXトレードにおいてはその取引におけるスピードと正確さの両方が求められるのですが、この取引におけるスピードと正確さのことを約定能力と呼ぶのです。
TITANFXも含めてすべてのFX業者において、口座を開設した後で実際にトレードをスタートしていくことになります。
自分が取引する通貨ペアとレバレッジを決めて「ここだ!」と思ったタイミングでトレードをおこなっていくことになるのですが、FXトレードではごくわずかなタイムラグが発生してしまいます。
ただ、このタイムラグがFXトレーダーにとっては命とりになります。
というのも、相場というのは一刻一刻と変わっていくからです。
大きな利益が期待できるタイミングで取引をおこなったつもりなのに実際にはタイムラグで相場が動いてしまって、逆に損をしてしまうといったことも起こり得ます。
クリックしたその瞬間にすべてが完結するというわけではないのです。
しかしながら、FXトレードの性質上、タイムラグが発生するのは仕方がないと言われても多くの方は納得できないでしょう。
当たり前です。
特に、今は生きていくための収入源としてFXトレードをおこなっている方もいますし、FXトレードを通して老後など先々のことに備えようとしている方もいるくらいです。
基本的に利益を得るためにFXトレードをしているわけですから、タイムラグという致命的なリスクをそのまま放置されてしまったのではたまったものではありません。
だからこそ、それぞれのFX業者が高い約定能力を通して、スピーディーな取引と高い実行率を実現させようとしているのです。
実際にTITANFXに限らず、高い約定能力というのはFX業者にとって大きな強みになります。
高い約定能力があれば、FXトレーダーは自分が売買したいレートでしっかりと取引ができるようになり、自分の思い描いたFXトレードを実現できる可能性も高まるのです。

 

約定能力が低いとどうなるのか?

高い約定能力によって、FXトレーダーは快適なFXトレードができるようになります。
では、逆に約定能力が低いとどうなってしまうのでしょうか?
約定能力が低いことによって引き起こされる問題は、主に以下の2点です。

 

問題点1 スリッページが多くなる
問題点2 スプレッド、つまり取引手数料の負担が大きくなる

 

スリッページというのは、取引実行ボタンを押したときのレートと実際に取引されたレートが異なるという状態のことを指します。
スリッページが発生すると、FXトレーダーは自分の取引したい価格での売買ができなくなってしまうのです。
FXトレードというのは、タイミングがものを言う世界です。
そのFXトレードでスリッページが頻繁に起こってしまうのは致命的と言えるでしょう。
また、このスリッページによってスプレッド、つまり取引手数料の負担が大きくなるという部分もあります。
FX業者はそれぞれでスプレッドの平均値や最小値を公式サイトなどで公開していますが、基本的に約定能力が低いFX業者はスプレッドが大きい傾向にあります。
思うようなFXトレードができない上に、FXトレーダーにとってはコストでしかないスプレッドが大きくなってくるわけですから、何のメリットもありません。
どれだけ魅力的な条件が揃っているFX業者であっても、約定能力の低いところは絶対に避けておいたほうがいいでしょう。

 

高い約定能力が評判となっているTITANFXの約定能力は?

さて、約定能力とは何なのかという部分が理解できたところで、本題であるTITANFXの約定能力について触れていきましょう。
高い約定能力が評判となっているTITANFXなのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
TITANFXの高い約定能力は業界でもトップクラスと言われており、その高い約定能力を示す数値は以下のようになっています。

 

平均約定スピードが0.338秒
注文実行率は99.98%

 

平均約定スピードというのは、取引実行ボタンを押してから実際に取引がなされるまでの時間のことですのでかなりスピーディーであることがわかります。
注文実行率もほぼ100%に近いので、TITANFXの高い約定能力というのは伊達ではありません。

 

TITANFXが高い約定能力を実現できる理由とは?

高い約定能力を誇るTITANFXなのですが、なぜTITANFXは高い約定能力を実現できているのでしょうか?
その理由にはTITANFXが独自で開発したという「ZERO POINT TECHNOLOGY」が関係しています。
TITANFXの「ZERO POINT TECHNOLOGY」には以下の3つがあります。

 

Best Spread(ZP-ASM)
Best liquidity aggregation(ZP-DLA)
Best Execution(ZP-OEO)

 

TITANFXの高い約定能力に深く関わってくるのが、3つ目の「Best Execution(ZP-OEO)」です。
TITANFXは世界3所に分散サーバとNY4 Equinixにメインサーバを設置しており、各拠点で技術の開発や質の高いデータセンターの設置、セキュリティの強化を積極的におこなっているのです。
こういった技術によって超低レイテンシ・ネットワークを構成し、最速の約定スピードを実現しているわけです。

 

Equinixとは?

Equinixというのは、金融処理やデータセンター機能などを扱う他社のシステムで、海外FXだけではなく他の金融分野でも多くの企業がこの技術を採用しています。
Equinixはその各種処理能力の高さに定評があり、このEquinixの技術を導入している海外FX業者は総じてその約定力が高いと言われています。
しかも、TITANFXは世界金融の中心地であるEquinix NY4のデータセンターを使用しています。
だからこそ、高い約定能力のもとで安定した取引がおこなえるのです。

 

リクイディティプロバイダーの公開からも高い約定能力が期待できる

リクイディティプロバイダーというのは、顧客から売買注文を受けた取引業者がその注文内容に従って実際に通貨のやり取りをおこなう相手のことを指します。
簡単に言ってしまうと、金融機関のことです。
リクイディティプロバイダーの公開というのはいわゆる裏事情をオープンにしていることになるのですが、そうすることで取引業者が注文に対して忠実にやり取りをおこなっていることがわかります。
その分、正確で安定した約定が期待されるというわけです。


関連記事