TITANFXでは本人確認書類不要?本人確認について詳しく解説

TITANFX 本人確認書類不要

海外FXであろうと国内FXであろうと、基本的にはFX業者では本人確認が必要になります。
お金が絡んでくるわけですから、当たり前のことです。
ただ、一部ではTITANFXでは本人確認書類不要だという話も出ているようです。
ここでは、TITANFXの本人確認について詳しく触れていきたいと思います。

 

TITANFXで本人確認書類不要は嘘!

TITANFXで本人確認書類不要という話が出ているようですが、これは嘘です。
TITANFXでも本人確認書類は必要になります。
TITANFXでは本人確認のために自動認証システムを採用していますので、一般的な本人確認よりは手間が省けるようになっています。
その点が本人確認書類不要と誤解されているのかもしれません。
確かに本人確認にあたっての手間は省くことができるのですが、本人確認書類は必要になりますので注意しておきましょう。

 

TITANFXでの本人確認に必要な書類

TITANFXの本人確認書類不要は嘘というのがわかったところで、具体的にどのような書類が必要なのかを把握しておきましょう。

 

身分証明書
運転免許証 / 運転経歴証明書
パスポート
マイナンバーカード
住民基本台帳カード
外国人登録証 / 特別永住者証明書 / 在留カード
障害者手帳
※すべて顔写真付きで有効期限内のもの

 

現住所証明書
住民票
印鑑登録証明書
公共料金明細書 / 請求書 / 領収書(電気料金・ガス・水道)
電話会社発行の利用明細書 / 請求書(固定電話・携帯電話)
銀行・クレジットカード会社発行の利用明細書 / 請求書
納税通知書(領収証書)などの租税通知書
健康保険(被保険者)証
※すべて6か月以内に発行されたもの

 

一部では自動認証手続きに利用できないものもありますので、その場合にはIDセルフィー画像を用意して別途手続きをおこなっていく形になります。

 

TITANFXで自動認証での本人確認をおこなっていく手順

では、さっそくですがTITANFXで自動認証での本人確認をおこなっていく手順を見ていきましょう。

 

ステップ1 TITANFXに登録したメールアドレスとクライアントキャビネットのパスワードを入力してログイン
ステップ2 ログイン後、「ご本人様確認を開始する」をクリック
ステップ3

「セキュリティ情報と設定」を入力
秘密の質問:自分で設定
秘密の質問の答え:自分で設定
雇用業種:選択
雇用形態:選択
投資額:今後の予定を選択
投資期間:今後の予定を選択
選択&入力後、「次へ」をクリック

ステップ4

身分証明書の確認
「パスポート」「運転免許証」「マイナンバーカード」の中から選択
※マイナンバーカードを選択した場合、IDセルフィ―のアップロード画面に移行するので、「ファイルの選択」より事前に撮影したマイナンバーカードのセルフィ―をアップロードして提出
※住民基本台帳カード、障害者手帳、外国人登録証などを本人確認に提出する場合には自動認証による手続きを中断し、TITANFXに登録したメールアドレスから、名前(ローマ字)とMT4/MT5口座番号を記入の上、IDセルフィ―と現住所証明書の画像をTitan FXサポートデスクまでメールにて送付

ステップ5

身分証明書に記載されている情報を選択&入力
入力後、「次へ」をクリック

ステップ6 自動認証システムによる本人確認に関する注意事項が表示されるので、内容を確認後、「次へ」をクリック
ステップ7

Shufti Proの本人確認手続き画面に遷移
本人確認の同意宣言が表示されるので、内容を確認後、声明に同意にチェックを入れ、「はい、続行します」をクリック

ステップ8 本人確認の手順を確認後、「確認を開始」をクリック
ステップ9 本人確認に提出する身分証明書をクリック
ステップ10

「ウェブカメラでビデオを録画する」を選択
※本人確認に事前に撮影した身分証明書と本人の顔の動画ファイルを提出する場合には「このデバイスから動画をアップロード」を選択

ステップ11 自動認証の注意事項を確認後、「続ける」をクリック
ステップ12 自動認証システムで身分証明書を撮影する準備ができたら「はい」をクリック
ステップ13

「録音を開始」をクリックし、本人確認書類の撮影を開始
枠内に身分証明書の全体が鮮明に映るように調整し、撮影する
撮影終了後、「記録を停止」をクリック

ステップ14

撮影した身分証明書が表示されるので身分証明書の情報がすべて鮮明に撮影されている場合は、「はい、続行します」をクリック
「いいえ、もう一度やりなおしてください」をクリックすると、本人確認書類の撮影画面へ戻る

ステップ15 顔認証のための注意事項を確認後、「続ける」をクリック
ステップ16 自動認証システムで顔を撮影する準備ができたら「はい」をクリック
ステップ17

「録音を開始」をクリックし、自動認証による顔の撮影を開始
枠内に顔全体が鮮明に映るように調整し、撮影する
撮影終了後、「記録を停止」をクリック
※眼鏡や帽子を着用していると顔が自動認証されない可能性があるため、外した状態で顔を撮影する

ステップ18

撮影した顔が表示されるので顔全体がすべて鮮明に撮影されている場合は、「はい、続行します」をクリック
「いいえ、もう一度やりなおしてください」をクリックすると、自動認証の撮影画面へ戻る

ステップ19

正常に完了すると「顔写真付き身分証明書のアップロード完了」というメッセージが表示されるので、「次へ」をクリック
※「身分証明書の自動認証が完了できませんでした」と表示され、本人確認の自動認証が失敗した場合には、IDセルフィー画像を提出

ステップ20

現住所証明書の画像ファイルを提出するために、「ファイルの選択」より現住所証明書をアップロードし、「次へ」をクリック
※登録の住所に変更がある場合は、本人確認の際に住所変更手続きが必要になるため、登録メールアドレスより名前(ローマ字)、MT4/MT5口座番号、変更前と変更後の住所(アルファベット)、6カ月以内に発行された新住所の住所確認書類を添付の上、Titan FXサポートデスクまでメールを送付

ステップ21

現住所証明書の提出が完了すると「現住所証明書類のアップロード完了」というメッセージが表示されるので、「次へ」をクリック
「承認手続き完了までしばらくお待ちくださいませ」のメッセージが表示される

 

少し長かったかもしれませんが、これでユーザー側がおこなうべき本人確認手続きは完了となります。
あとはTITANFXの担当部署で承認作業がおこなわれますので、それを待つだけです。
最短で30分から1営業日ほどで、本人確認が完了するかと思います。
問題なく本人確認の手続きが完了している場合には、TITANFXのほうから「証明書類確認の手続きが完了しました」という件名のメールが登録メールアドレスに送られてきます。
そうすればTITANFXのクライアントキャビネットのすべての機能が利用できるようになります。
逆に言うと、この本人確認が完了しないと利用できる機能にはかなり制限がかかります。
もし提出の本人確認書類に不備があった場合には、別途、TITANFXからメールで連絡が入りますので、メールのチェックは欠かさずにおこなっておきましょう。


関連記事