TITANFXは低スプレッド!その理由は?

TITANFX 低スプレッド

FXトレーダーにとって、スプレッドというのはひとつのコストでしかありません。
そのため、低スプレッドのFX業者を探しているという方も多いでしょう。
FX業者にもいろいろな選択肢があるのですが、低スプレッドな海外FXを探しているのであればTITANFXがおすすめです。
もともと海外FXは国内FXと比べてスプレッドは不利だと言われているのですが、TITANFXであれば国内FXと張り合えるくらいの低スプレッドを実現しています。
今回はTITANFXがどれだけ低スプレッドなのか、そしてなぜそれだけの低スプレッドを実現することができたのかその理由について触れていきたいと思います。

 

TITANFXはどれくらい低スプレッドなのか?

では、まずTITANFXがどれくらい低スプレッドなのかを見ていきましょう。
TITANFXにはZeroスタンダード口座とZeroブレード口座というふたつの口座タイプが用意されているのですが、それぞれでの平均スプレッドは以下の通りです。

 

Zeroスタンダード口座 Zeroブレード口座
1.0pipから 0.2 pips/0.2銭から

 

Zeroスタンダード口座は名前の通り、TITANFXの中でもスタンダードな口座タイプになります。
それでも一般的な海外FXのスプレッドの水準から考えると、低スプレッドと言えるでしょう。
一方で、Zeroブレード口座はTITANFXの中ではスプレッド特化型の口座タイプになります。
そのため、Zeroブレード口座が低スプレッドであるのは当たり前とも言えるのですが、それを踏まえても圧倒的な低スプレッドを実現しています。
国内FXと張り合えるほどの低スプレッドですから、これはTITANFXにおける大きな強みになってくるでしょう。
基本的にTITANFXではZeroスタンダード口座とZeroブレード口座のどちらを選んだとしても低スプレッドでのFXトレードが可能なのですが、より低スプレッドを求めるのであればスプレッド特化型であるZeroブレード口座のほうを選ぶべきです。

 

TITANFXが低スプレッドを実現できている理由

海外FXでありながらもTITANFXが低スプレッドを実現できているのには理由があります。
その理由は主に以下のふたつです。

 

NDD (No dealing desk)方式を採用しているから
TITANFXオリジナルのZERO POINTテクノロジーがあるから

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

NDD (No dealing desk)方式を採用しているから

TITANFXではFX取引にあたって、NDD (No dealing desk)方式を採用しています。
NDD (No dealing desk)方式であれば、FXトレーダーが出した注文をFX業者がそのままカバー先へと流すことになります。
あくまでもシステムが判断して注文から約定までがおこなわれることになり、そこにFX業者が入ってストップ狩りやスリッページ、約定拒否、レートずらしなどの不正をすることはできません。
基本的に注文は複数あるカバー先の中からもっとも低スプレッドとなっているレートで約定することになりますので、NDD (No dealing desk)方式だとより低スプレッドでのFXトレードが可能になるのです。
また、NDD (No dealing desk)方式はさらにSTP (Straight Through Processing)方式とECN (Electronic Communications Network)方式のふたつにわけることができます。
STP (Straight Through Processing)方式とECN (Electronic Communications Network)方式の違いはそれぞれ以下の通りです。

 

STP (Straight Through Processing)方式 カバー先の金融機関のレートを参照して、FX業者がレートにスプレッドを上乗せしてトレーダーへ提示する
ECN(Electronic Communications Network)方式 FX業者が生スプレッドに手数料を上乗せすることなく、売買注文が絶えずオークション形式でマッチングされる

 

ちなみに、TITANFXではZeroスタンダード口座がSTP (Straight Through Processing)方式、Zeroブレード口座がECN(Electronic Communications Network)方式となっています。

 

TITANFXオリジナルのZERO POINTテクノロジーがあるから

TITANFXで忘れてはいけないのが、TITANFXオリジナルのZERO POINTテクノロジーです。
これによって、低スプレッドが実現している部分もあるのです。
TITANFXのZERO POINTテクノロジーは以下の3つです。

 

Zero Point 自動スプレッド最小化システム(ZP-ASM)によるプライシング
ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)
光速度による注文がスタンダードのZero Point約定スピード最適化機能(ZP-OEO)

 

これらのZERO POINTテクノロジーによって、TITANFXではよりゼロに近い低スプレッドだけではなく、圧倒的な約定スピードや流動性、為替レートといったものを実現させているのです。
横文字が多くて混乱してしまうかもしれませんが、TITANFXがオリジナルの技術でFXトレーダーにとってよりよい環境を整えているということがわかれば十分です。

 

TITANFXであれば低スプレッドだからこそ取引の機会が増える

TITANFXはZeroスタンダード口座とZeroブレード口座のどちらを選んだとしても低スプレッドでのFXトレードが可能になります。
低スプレッドというと一般的にはコストを抑えられることが最大の魅力と捉えられがちなのですが、コストを抑えられることによって取引の機会が増えるということにも注目すべきでしょう。
基本的にFXトレードをおこなう方というのは、限られた資金の中でFXトレードをおこなっていくものです。
FXトレードをおこなっていくにあたってはスプレッドはもちろん、取引手数料などいろいろなところでコストがかかります。
そのコストのひとつであるスプレッドを抑え込むことによって、FXトレードに仕える資金を有効活用していくことができるのです。
本来であればスプレッドで消えていたはずの資金でも、低スプレッドのTITANFXであればその資金をFXトレードに回していくことができるのです。
単純に使えるお金が増えるわけですから、取引の機会も拡大していきます。
低スプレッドによってコストを抑えられるのはもちろんですが、コストを抑えることによってその先の取引機会が拡大するというメリットにもしっかりと目を向けておきたいところです。
低スプレッドのTITANFXであれば、より多くのチャンスが期待できると言えるでしょう。


関連記事