TITANFXでは最大レバレッジ500倍・追証なしも魅力のひとつ

TITANFX 最大レバレッジ500倍・追証なし

海外FXと国内FXというのは、よく比較されるものです。
実際に海外FXと国内FXとではいろいろなところに違いがあるのですが、その中でもレバレッジと追証に関する違いというのは特に大きなものとなってきます。
TITANFXでは最大レバレッジ500倍・追証なしという部分も魅力のひとつになっているのですが、ここではTITANFXのレバレッジと追証について掘り下げていきたいと思います。

 

TITANFXの最大レバレッジ500倍とは?

先でも触れましたが、最大レバレッジ500倍・追証なしはTITANFXにおける大きな魅力のひとつです。
まずは最大レバレッジ500倍のほうから詳しく見ていきましょう。
もともと海外FXというのは最大レバレッジが大きいことで知られているのですが、その中でもTITANFXの最大レバレッジ500倍というのはなかなかの水準です。
正直なところ、最大レバレッジ500倍以上の海外FXは他にもあります。
ただし、だからといってTITANFXが劣っているわけではありません。
レバレッジというのはもともと資金効率を高めるためのものになりますので、TITANFXの最大レバレッジ500倍という条件でも十分すぎるほどです。
ちなみに、TITANFXでは残高や市況によるレバレッジの変動はありませんので、その点も魅力になっています。

 

最大レバレッジ500倍で得られるメリット

最大レバレッジ500倍で得られるメリットは、以下の2点です。

 

    大きなリターンが期待できる
    手持ちの資金が少なくとも思い切ったFXトレードができる

 

レバレッジは資金効率を高めるためのもので、最大レバレッジ500倍ということであればより大きな規模のFXトレードが可能です。
大きなFXトレードになれば損失が大きくなる可能性もありますが、逆に利益が大きくなる可能性もあるのです。
まったくリスクがないわけではないのですが、大きなリターンが期待できるのはハイレバレッジのTITANFXならではのメリットです。
また、最大レバレッジ500倍というのは簡単に言ってしまうとFXトレードに使える資金が500倍になるようなものです。
そのため、手持ちの資金が少ないという方でも最大で500倍というより大きなFXトレードができるようになるのです。
一概には言えないものの、TITANFXの最大レバレッジ500倍で一発逆転も夢ではないのです。

 

TITANFXと国内FXのレバレッジを比べてみると……

TITANFXは最大レバレッジ500倍なのに対して、国内FXは最大レバレッジ25倍となっています。
もともと国内FXというのは最大レバレッジが25倍に規制されており、その規制をさらに強めて最大レバレッジ10倍にするといった話も出ています。
国内FXの最大レバレッジの規制は一応FXトレーダーなどの投資家を守るためということになっているのですが、依然として批判は多いようです。
TITANFXのような海外FXだと国内FXが受けるような規制には関係がないので、最大レバレッジ500倍という圧倒的なハイレバレッジが可能になっているのです。

 

TITANFXの追証なしとは?

TITANFXは追証なしとなっているのですが、そもそも追証とは一体何なのでしょうか?
追証というのは追加証拠金の略で、「おいしょう」と読みます。
「ついしょう」ではないので注意しておきましょう。
文字通り、追加で求められる証拠金のことなのですが、追証には以下の2つのパターンがあります。

 

    最低維持証拠金を下回ってしまった場合の追証
    預けている証拠金以上のマイナスになってしまった場合の追証

 

ご存知のようにFXトレードなどでは最低維持証拠金のパーセンテージが決まっています。
この維持率を下回ってしまうと最低維持証拠金に必要な金額を決められた期日までに追加で入金しなければいけないのですが、もし期日までに入金ができなかった場合にはそのポジションが強制決済されてしまいます。
軽視してはいけないのですが、持っていたポジションが強制決済されるだけと考えると最低維持証拠金を下回ってしまった場合の追証というのはそこまで気にする必要はないでしょう。
問題は、預けている証拠金以上のマイナスになってしまった場合の追証です。
「FXで大きな借金を背負ってしまった」などの話をインターネット上で見聞きしたことのある方も多いでしょうが、これはまさに預けている証拠金以上のマイナスになってしまった場合の追証によるものです。
しかも、この追証は法律的には借金と同じ扱いになりますので、家を売り払ってでもお金を作らなければいけませんし、原則として一括払いが求められます。
ただし、TITANFXは海外FXで追証なしとなっていますので、莫大な借金を背負うリスクはなくなります。
これで追証なしが何を意味するのかは、理解できたかと思います。

 

追証なしで得られるメリット

TITANFXは追証なしのFX業者なのですが、追証なしで具体的にはどのようなメリットが得られるのでしょうか?
追証なしで得られるメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

 

    借金のリスクを減らせる
    精神的な負担を軽減できる

 

借金のリスクを減らせるというのは、先でもお話した通りです。
追証なしによって、莫大な借金を背負うリスクはぐっと抑えられるようになります。
また、こういった借金のリスクを減らせることによってFXトレーダーの精神的な負担を軽減することもできます。
「いつどれだけの借金を背負うかわからない」とビクビクしているFXトレーダーと「少なくとも大きな借金を背負うことはない」と落ち着いているFXトレーダーであれば、やはり後者のほうが結果を出しやすいでしょう。
特に、FXトレードというのはメンタルの状態によって左右される部分もありますので、精神的な負担を軽減できるのは思っている以上に大きなメリットになってきます。

 

TITANFXと国内FXの追証を比べてみると……

TITANFXは追証なしなのに対して、国内FXは追証ありとなっています。
FXで莫大な借金を背負ってしまうという話はたいていの場合、国内FXを利用していたFXトレーダーの体験談になります。
もちろん、追証なしのTITANFXでも資金的なコントロールがうまくできないと借金を作ってしまう可能性があります。
実際にクレジットカードの請求額が厳しくなっているという方もいるでしょう。
ただし、国内FXのように何百万円、何千万円、場合によっては億単位の借金を背負うような可能性は極めて低いのです。

 

最大レバレッジ500倍・追証なしは相性バッチリ!

TITANFXの最大レバレッジ500倍・追証なしという組み合わせは、FXトレードをおこなっていく上でとても相性がいい条件になります。
最大レバレッジ500倍というハイレバレッジである程度リスクも高まりますが、そのリスクを追証なしで軽減することができるのです。
要は、リスクを抑えながら思い切ったFXトレードができるようになるわけです。
TITANFXが海外FXの中でも高い人気を誇っているのは、最大レバレッジ500倍・追証なしの組み合わせが魅力的だからという部分もあるのでしょう。


関連記事