TITANFXはNDD方式の海外FX!そのメリットやデメリットは?

TITANFX NDD方式

海外FXと国内FXではいろいろなところに違いがありますが、実は取引方式にも違いがあります。
海外FXではNDD方式を採用しているところが多く、TITANFXも例に漏れずNDD方式を採用しています。
ここでは改めて、TITANFXが採用しているNDD方式とはどのようなものなのか、そのメリットやデメリットについても触れていきたいと思います。

 

TITANFXが採用しているNDD方式とは?

では、さっそくですがTITANFXが採用しているNDD方式とはどのようなものなのかについて見ていきましょう。
NDD方式というのはNo Dealing Desk(ノーディーリングデスク)方式の略称です。
TITANFXを含めて多くの海外FXが採用している取引方式で、NDD方式の場合にはディーラーを通すことなくFXトレーダーの注文をインターバンクで決済することになります。
つまり、TITANFXのようなFX業者がFXトレーダーの取引に関与しないわけです。
FX業者にとってはスプレッドからの手数料のみが収入源となりますので、FXトレーダーとFX業者の利益が相反することなく、透明性の高い取引が可能になります。
FXトレーダーとFX業者の利益が相反する状態だとFX業者はFXトレーダーの利益を邪魔しようと考えるかもしれません。
しかしながら、NDD方式であればFXトレーダーが利益を出し、たくさん取引をしてくれればくれるほどFX業者も儲かるので邪魔をする必要がなくなるのです。

 

NDD方式のメリットとは?

NDD方式を採用しているFX業者の場合、FXトレーダーの取引回数が増えれば増えるほどスプレッドでの利益が入るようになります。
FX業者としては企業として利益を得るためにも、FXトレーダーには積極的に取引をおこなってほしいと考えます。
そのため、基本的にはスキャルピングや自動売買といったものに制限がかかることはほぼありません。
むしろ、FXトレーダーの取引回数を増やすために取引しやすい環境や条件を揃えていきます。
また、FX業者側でFXトレーダーが不利になるような細工をする心配もありません。

 

ストップ狩り
不利なスリッページ
故意のレート変更
故意のリクオート
故意のシステムダウン

 

FX業者による上記のような細工は実際に起こり得るのですが、NDD方式でこういった細工をするとFX業者にとってもマイナスになります。
NDD方式だと透明性の高い取引になるという話は、このあたりも関係しているのです。

 

NDD方式のデメリットとは?

一方で、NDD方式にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?
NDD方式ではFX業者はスプレッドで利益を得ていくことになります。
そのため、スプレッドはどうしても広くなりやすい傾向にあります。
ただし、そういった中でもTITANFXはFX業者として得られる利益をギリギリまで削って、国内FXと張り合えるくらいのスプレッドの狭さを実現させています。
NDD方式のデメリットは本当にスプレッドの広さくらいなので、極狭スプレッドを実現させているTITANFXに関してはNDD方式における唯一のデメリットを克服していると言えるのかもしれません。

 

NDD方式にはさらにSTP方式とECN方式がある

TITANFXも採用しているNDD方式なのですが、実はこのNDD方式にはさらにSTP方式とECN方式というものがあります。
ふたつタイプのNDD方式が存在するということです。
ちなみに、TITANFXではそれぞれの方式で以下のように口座タイプがわかれています。

 

STP方式 Zeroスタンダード口座
ECN方式 Zeroブレード口座

 

どちらの口座タイプを選んだとしてもNDD方式ならではのうまみは感じられますが、より多くのメリットを感じられるのはZeroブレード口座のほうかもしれません。

 

STP方式とは?

STP(Straight Through Processing)方式では、FX業者がカバー先と呼ばれるインターバンクにアクセス可能な金融機関から価格情報を取得し、一定のスプレッドを上乗せして通貨ペアの価格を提示します。
売買注文が出された場合には、提示された金額によって売買や決済がおこなわれる形になり、この一連の操作にはFX業者か関与しません。
あくまでも電子的な操作によって処理されることになります。

 

STP方式のメリット

STP(Straight Through Processing)方式のメリットとしては、売買にかかる手数料が無料となっている部分が挙げられます。
実際に、TITANFXのSTP(Straight Through Processing)方式の口座では取引手数料が無料となっています。

 

STP方式のデメリット

一方で、STP(Straight Through Processing)方式のデメリットとしてはスプレッドの広さが挙げられます。
インターバンクでの取引価格に対してFX業者が一定のスプレッドを上乗せする形になりますので、どうしてもスプレッドが広くなりやすい傾向にあります。
ただ、そういった中でもTITANFXのSTP(Straight Through Processing)方式の口座では良心的なスプレッドを維持しています。

 

ECN方式とは?

ECN(Electronic Communications Network)方式では、インターバンクで売買されている通貨ペアごとの価格がそのまま提示されることになります。
銀行や機関投資家と同じような条件で、一般のFXトレーダーも取引ができるのです。
インターバンクで直接取引をしているのと同じ条件での取引になるのですが、こちらに関してもその処理にFX業者が関与することはありませんし、あくまでも電子的な処理のみとなります。

 

ECN方式のメリット

ECN(Electronic Communications Network)方式のメリットとしては、やはりのそのスプレッドの狭さが挙げられます。
TITANFXでもECN(Electronic Communications Network)方式の口座はスプレッド特化型になっていますし、他の海外FXでもECN(Electronic Communications Network)方式の口座はスプレッドの狭さに強みを持っているものです。
世界の銀行や機関投資家と同じ条件で取引ができると考えれば、これは大きなメリットでしょう。

 

ECN方式のデメリット

一方で、ECN(Electronic Communications Network)方式にはデメリットもあります。
スプレッドが狭い反面、売買ごとに取引手数料がかかってしまうのです。
ただ、TITANFXに関してはスプレッドが極狭なので取引手数料がかかっても、お得感がなくなることはありません。
また、ECN(Electronic Communications Network)方式では最低入金額がやや高いという部分もネックになってきます。
ただ、この点に関しても昔と比べるとかなり良心的な金額になってきていますので、FXトレーダーにとって極端な負担になってしまうことはそうないでしょう。


関連記事