TITANFXでスキャルピングはできる?取引の注意点は?

TITANFX スキャルピング

FXトレードにもいろいろなスタイルがあります。
中にはスキャルピングをメインで考えているという方も多いのではないでしょうか?
実際にスキャルピングにはさまざまなメリットがあります。
ただ、FX業者の中にはスキャルピングを禁止しているところもあると聞きます。
ここでは改めて、TITANFXでスキャルピングができるのかという疑問にお答えしていきたいと思います。

 

TITANFXではスキャルピングOK!

結論から言ってしまうと、TITANFXではスキャルピングが認められています。
しかも、スキャルピングOKなだけではなく、取引制限もありません。
EAを利用したスキャルピングを考えている方もいるかもしれませんが、もちろんそれもOKですし、1分以内に決済を繰り返す超高速スキャルピングでもOKです。
スキャルピングOKとしているFX業者の中にはなんだかんだと制限を設けているところもありますので、スキャルピングOKで取引制限がないTITANFXはかなり良心的なFX業者と言えるでしょう。

 

TITANFXならストップレベルもゼロ

スキャルピングOKで取引制限のないTITANFXなのですが、実はストップレベルもゼロとなっています。
ストップレベルというのは、指値や逆指値といった予約注文時に現在価格から最低限離さないといけない値幅のことで、一般的には「幅」と呼ばれています。
このストップレベルが狭ければ狭いほど、市場の現在価格から近い値に指値や逆指値を入れて取引できるようになります。
TITANFXではストップレベルがゼロに設定されていますので、現在の市場価格からどこにでも指値や逆指値を自由に入れることができるのです。
0.1pips単位での利確や損切りもできますので、とても細かいレベルでスキャルピングできるようになっています。

 

TITANFXでスキャルピングをする際に注意しておくべきこと

TITANFXでは堂々とスキャルピングをおこなっていくことができるのですが、その際に注意しておくべきことがいくつかあります。
というのも、TITANFXには禁止されている取引があるのです。
具体的には以下の3つになります。

 

裁定取引(アービトラージ)
遅延やエラーを狙った取引
週明けの窓を狙った取引

 

知らず知らずのうちに、これらの取引をおこなってしまうとスキャルピングOKで取引制限のないTITANFXでも何かしらの処分を受ける可能性があります。
注意しておきましょう。

 

裁定取引(アービトラージ)

TITANFXでは基本的に裁定取引(アービトラージ)が禁止されています。
具体的には以下のような取引が当てはまります。

 

複数の口座間での両建て TITANFXで開設した複数の口座を利用しての両建ては禁止されています。相場の変動が大きいタイミングで実行すると、片方の口座ではゼロカットで損失を抑え、もう片方の口座では大きな利益を出すことができます。損失を補填するのはFX業者になりますので、TITANFXを含めたすべてのFX業者で禁止されています。
他のFX業者をまたいでの両建て 例えば、TITANFXとXMでの両建てといったFX業者をまたいでの両建ては禁止されています。これもどちらか一方のFX業者が損失を補填することになるからです。
複数人で示し合わせての両建て・裁定取引 「Aさんは○○買い」「Bさんは○○売り」といった複数人で示し合わせての両建て・裁定取引も禁止されています。

 

裁定取引(アービトラージ)についてよくわかっていないという方でも知らず知らずに、こういった取引をおこなってしまう可能性があります。
特に、EAを利用する場合は、ロジック次第でFXトレーダー自身にそのつもりがなくとも裁定取引(アービトラージ)になってしまうこともあります。
スキャルピングするのであれば、事前にロジックが禁止されている裁量取引(アービトラージ)になってしまわないかを確認しておきましょう。

 

遅延やエラーを狙った取引

スイスフランショックやリーマンショック、東日本大震災、コロナショックなど世界的な有事の際には相場が急激に動きます。
そのため、アクセスが集中し、サーバーには大きな負荷がかかるようになります。
その結果、接続遅延やネットワークエラーなどが起こってしまうのですが、こういった正常な市場価格が反映されていない状態のレートを意図的に狙うのは禁止されています。
利益を出したとしても取り消されてしまうので、最初から遅延やエラーを狙った取引をおこなわないようにしましょう。

 

週明けの窓を狙った取引

月曜の市場オープン時に金曜のクローズ値から大きくレートが乖離することがあります。
金曜クローズ価格と月曜オープン価格の間に大きな空白、乖離ができてしまうことを「窓開け」と呼ぶのですが、この週明けの窓を狙った取引も禁止されています。
厳密に言うと、明確に規約で禁止されているわけではありません。
ただ、海外FXならではのゼロカットシステムを利用して、金曜のクローズ時に複数口座間で両建てして稼ぐのは禁止取引と見なされてしまう可能性が高いのです。
疑わしいことはしないということも大切です。

 

TITANFXとスキャルピングは相性がいい

スキャルピングでは短期での取引を繰り返していくことになるのですが、そこでポイントになってくるのがスプレッドです。
もともとTITANFXは海外FXの中でもスプレッドが狭いことで知られており、スプレッド特化型の黄砂タイプであるZeroブレード口座であれば国内FXと張り合えるくらいのスプレッドの狭さを誇ります。
TITANFXとスキャルピングというのは、とても相性がいいと言えるでしょう。

 

スキャルピングのメリットとは?

スキャルピングにはさまざまなメリットがあります。
特に、最近は世界中が不安定になり、上昇トレンドにある通貨ペアであっても短期間で市場が大きく変化することも珍しくなくなりました。
今の状況では長期間ポジションを保有すること自体が大きなリスクになってしまうのです。
しかしながら、スキャルピングは短期間で何度も取引を繰り返していくスタイルになりますので、ポジションを長期間保有するということがありません。
その分、相場の大きな変動などの影響を受けにくくなりますので、リスクを回避できるようになるのです。
仮に間違った方向のポジションで保有してしまっても、短期間でロスカットすることができますし、それによってリスクも抑えられます。
また、短期間で何度も取引を繰り返すことによって、FXトレードの経験をしっかりと積んでいくことができます。
特に、FXトレードでは相場観を身につけることが大切ですし、その相場観を短期間で身につけることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。
さらに、スキャルピングというのは比較的メンタル面での負担が軽く済みます。
というのも、ポジションを翌日に持ち越すことがないので、「明日、どうなっているのだろうか」と考えてしまう必要がないのです。
FXトレードではメンタル面の影響をかなり受けますので、これもスキャルピングならではのメリットと言えるでしょう。


関連記事