TITANFXのスマホ・アプリ取引について詳しく解説

TITANFX スマホ・アプリ取引

一般的にFXトレードというと、パソコンの画面に張り付いておこなっていくものというイメージがあるかと思います。
しかしながら、スマートフォンというツールが当たり前となった今ではFXにおいてもスマホ・アプリ取引が利用できるようになっています。
ここでは、TITANFXのスマホ・アプリ取引について詳しく解説していきたいと思います。

 

TITANFXのアプリそのものはない

TITANFXのスマホ・アプリ取引というと、やはりTITANFXのアプリがあるかのように思ってしまう方もいるかもしれません。
実際にFX業者の中には自社のアプリを開発しているところもあるのですが、TITANFXに関してはTITANFXのアプリそのものはありません。
ではどうやってスマホ・アプリ取引をおこなっていくのかというと、Meta Trader4(MT4)やMeta Trader5(MT5)のアプリを利用していくのです。

 

Meta Trader4(MT4)やMeta Trader5(MT5)のアプリダウンロード方法

 

スマホ・アプリ取引ということで、スマートフォンからのMeta Trader4(MT4)やMeta Trader5(MT5)のダウンロード方法について見ていきましょう。

 

ステップ1 TITANFXで口座開設
ステップ2 TITANFXの公式サイトにアクセスし、右上にある三本線をクリック
ステップ3 「お取り引き」から「取引ツール」をクリック
ステップ4 下へスクロールして「MT4アプリのダウンロード」もしくは「MT5 アプリのダウンロード」をクリック
ステップ5 パスワードを入力してダウンロード

 

TITANFXの公式サイトにアクセスはするものの、基本的にはスマートフォンから普段と同じようにアプリをダウンロードしていく形になります。

 

アプリダウンロード後のログイン方法

TITANFXの公式サイトからMeta Trader4(MT4)やMeta Trader5(MT5)のアプリをダウンロードしたら、ログインをおこなっていきます。
ログインにあたっての手順は以下の通りです。

 

ステップ1 Meta Trader4(MT4)もしくはMeta Trader5(MT5)のアプリを開く
ステップ2 「新規口座」から「既存のアカウントにログイン」をクリック
ステップ3 画面上の検索窓に「TITANFX」と入力すると、「TitanFX-01」「TitanFX-02」「TitanFX-03」「TitanFX-Demo01」が表示されるので該当するサーバーを選択
ステップ4 ログイン名(口座番号)とパスワードを入力し、右上の「サインイン」をクリック
ステップ5 ログイン完了

 

ちなみに、サーバーやログイン名(口座番号)、パスワードに関しては口座開設時にメールで届いています。

 

デモ口座へのログイン方法

先はリアル口座へのログイン方法でしたが、一応デモ口座へのログイン方法についても触れておきましょう。

 

ステップ1 Meta Trader4(MT4)もしくはMeta Trader5(MT5)のアプリを開く
ステップ2 「新規口座」から「デモ口座を開設」をクリック
ステップ3 画面上の検索窓に「TITANFX」と入力し、「TitanFX-Demo01」を選択
ステップ4 自分の電話番号とEメールアドレスを入力し、口座情報を選択
ステップ5 右上の「登録」をクリックして新規口座登録完了

 

基本的な流れは同じで、入力する情報が少し違うくらいのものです。

 

TITANFXのスマホ・アプリ取引でできることとは?

では、TITANFXのスマホ・アプリ取引ではどのようなことができるのでしょうか?
ざっくりとまとめると、以下のようなことがスマホ・アプリ取引で可能になります。

 

取引口座の管理、取引
保有ポジションや口座残高などの確認
ファイナンシャルニュースの利用
メール機能の利用
指値、逆指値などさまざまな方法での注文

 

見ての通り、スマホ・アプリ取引からでも一通りのことはできるということです。
もちろん、パソコンからの利用とまったく同じというわけではないものの、出先などでも不自由なくFXトレードをおこなっていくことができるでしょう。

 

TITANFXのスマホ・アプリ取引で特筆すべきこと

TITANFXのスマホ・アプリ取引ではストレスなくFXトレードができるのですが、それだけではありません。
特筆すべきポイントがいくつかあります。

 

人気のあるインジケータを多数用意

TITANFXのスマホ・アプリ取引では人気のあるインジケータを多数利用することができます。

 

Accelerator Oscillator AO(AOアクセラレーター・オシレーター) Accumulation/Distribution(A/D 蓄積/配信数量指標) Alligator,(アリゲーター)
Average Directional Movement Index(ADX平均方向性指数) Average True Range(ATR) Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)
Bears Power(ベアパワー) Bollinger Bands(ボリンジャーバンド) Bulls Power(ブルパワー)
Commodity Channel Index(CCI 商品チャンネル指数) DeMarker(デマーカー) Envelopes(エンベロープ)
Force Index(FI 勢力指数) Fractals(フラクタル) Gator Oscillator(ゲーターオシレーター)
Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表) MACD, Market Facilitation Index(マーケットファシリテーションインデックス) Momentum(モメンタム)
Money Flow Index(MFIマネーフローインデックス) Moving Average(移動平均) Moving Average of Oscillator(OsMA移動平均オシレーター)
On Balance Volume(OBV オンバランスボリューム) Parabolic SAR(パラボリックSAR) Relative Strength Index(RSI相対力指数)
Relative Vigor Index(RVI相対活力指数) Standard Deviation(標準偏差) Stochastic Oscillator(ストキャスティクスオシレーター)

 

他にも、Volumes(出来高)やand Williams’ Percent Range(%R、ウィリアムパーセントレンジ)といったものも使えるようになっています。

 

見やすくわかりやすい仕様

また、TITANFXのスマホ・アプリ取引では見やすくわかりやすい仕様にも目を向けるべきでしょう。

 

高解像度のため最適化された高速グラフィック
バーや取引量、グリッドなど異なる要素ごとに色の設定が可能な相互チャート
拡大縮小、スクロール自在なリアルタイムチャート
色、ライン幅などのグラフィカル設定が可能なテクニカルインジケータ
M1, M5, M15, M30, H1, H4, D1, W1, MN1という9つの時間幅
バーチャート, ローソク足チャート, ラインチャートの3種類のチャート

 

こういった見やすくわかりやすい仕様となっており、プラスして分析ツールも充実しているのでより直感的、かつ戦略的なFXトレードが可能です。


関連記事