TITANFXが業界最狭スプレッドというのは本当なのか?

TITANFX業界最狭スプレッド

海外FXにもいろいろなものがありますが、その中でも業界最狭スプレッドとして名高いのがTITANFXです。
ただ、今はどこのFX業者もスプレッドの狭さを謳っているものです。
いわゆる自称業界最狭スプレッドなのでは……と疑っている方も多いのではないでしょうか?
ここでは改めて、TITANFXが業界最狭スプレッドなのは本当なのかどうかについて徹底的に検証していきたいと思います。

 

TITANFXは確かに業界最狭スプレッド

TITANFXが本当に業界最狭スプレッドなのかを判断するためにも、実際のTITANFXのスプレッドを見ていきましょう。
TITANFXは数多くの通貨ペアを取り揃えていますので、日本人トレーダーにとって主要な通貨ペアのみをチェックしていきたいと思います。
具体的には以下のようなスプレッドとなっています。

 

通貨ペア\口座タイプ

Standard Account(スタンダードSTP口座)
スプレッド平均

Blade Account(ブレードECN口座)
スプレッド平均

ユーロ/米ドル(EUR/USD) 1.2 Pips 0.2 Pips
米ドル/円(USD/JPY) 1.33 Pips 0.33 Pips
ユーロ/円(EUR/JPY) 1.74 Pips 0.74 Pips
豪ドル/円(AUD/JPY) 2.12 Pips 1.12 Pips
NZドル/円(NZD/JPY) 2.62 Pips 1.62 Pips
スイスフラン/円(CHF/JPY) 2.31 Pips 1.31 Pips
英ポンド/円(GBP/JPY) 2.45 Pips 1.45 Pips
カナダドル/円(CAD/JPY) 2.1 Pips 1.1 Pips
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 1.44 pips 0.44 pips
シンガポールドル/円(SGD/JPY) 3.16 pips 2.16 pips
ノルウェークローネ/円(NOK/JPY) 2.07 pips 1.07 pips
スウェーデンクローナ/円(SEK/JPY) 3.05 pips 2.05 pips

 

TITANFXにはStandard Account(スタンダードSTP口座)とBlade Account(ブレードECN口座)の2種類の口座が用意されているのですが、特にスプレッドが狭くなっているのはBlade Account(ブレードECN口座)です。
客観的に見ても、TITANFXは業界最狭スプレッドと言えそうです。
ちなみに、Standard Account(スタンダードSTP口座)とBlade Account(ブレードECN口座)では取引手数料に違いがありますので、注意しておきましょう。
それぞれの取引手数料は以下の通りです。

 

口座タイプ

Standard Account
(スタンダードSTP口座)

Blade Account
(ブレードECN口座)

取引手数料 なし 1.00 ロット/$ 3.50 (USD)

 

Blade Account(ブレードECN口座)では取引手数料がかかってしまうのですが、その分、スプレッドがより狭いため取引手数料に関してはあまり気にしていないというトレーダーが多いようです。

 

Blade Account(ブレードECN口座)は国内FXと遜色ないレベル

TITANFXに限ったことではないのですが、一般的に海外FXと国内FXではスプレッドに埋められない差があるものとして認識されています。
実際に海外FXはスプレッドが広く、国内FXはスプレッドが狭いと思っている方も多いでしょう。
確かに海外FXにおいてはスプレッドの広さがデメリットとなり、国内FXにおいてはスプレッドの狭さがメリットとなるといった話もよく見聞きします。
ただ、TITANFXのBlade Account(ブレードECN口座)のスプレッドは国内FXと遜色ないレベルとなっています。
もちろん、TITANFXで国内FXのスプレッドで張り合えるのはBlade Account(ブレードECN口座)のみですが、それでも海外FXならではのデメリットを克服できているというのは大きな魅力です。
「スプレッドが狭いから国内FX」という考える方も多いのですが、スプレッドの狭さでFX業者を選ぶのであれば業界最狭スプレッドを誇るTITANFXも十分に選択肢に食い込んでくるでしょう。

 

TITANFXがなぜ業界最狭スプレッドを提供できるのか?

実際のスプレッドを見てみても、TITANFXが業界最狭スプレッドであることには違いありません。
ただ、他にもいろいろな海外FXがある中でなぜTITANFXは業界最狭スプレッドを提供することができるのでしょうか?
その理由はズバリ、TITANFXが自社開発した技術にあります。
TITANFXではダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)という技術が自社開発されており、さまざまなリクイディティプロバイダーからもっとも有効的なレートを集め、業界最狭スプレッドを提供しているのです。
TITANFXの本気度がこういったところでも伺えます。

 

TITANFXが業界最狭スプレッドだからこそ得られるメリット

FXにおいては為替レートの変化をチェックしながら、通貨の売買をおこなっていきます。
通過を売るときの値段(BID)と通貨を買うときの値段(ASK)の差のことをスプレッドと呼ぶのですが、スプレッドというのはFXトレーダーにとっては単なるコストのひとつでしかありません。
実際に、FXトレーダーがスプレッドを支払って得をすることは何もないのです。
つまり、TITANFXのように業界最狭スプレッドを誇る海外FXであれば、FXトレードにおけるコストをひとつ抑え込むことができるのです。
スプレッドによってせっかく得た利益が食われてしまうこともあるわけですから、スプレッドが狭ければ狭いほど利益をしっかりと確保していくことができるわけです。
TITANFXはFXトレーダーにとって魅力的な取引環境を整えていると言えるでしょう。

 

業界最狭スプレッド以外にも魅力的な条件がそろっている

TITANFXの業界最狭スプレッドというのはFX業者選びにおいて、ひとつの決めてとなるくらい大きなポイントになってきます。
しかしながら、それだけではありません。
TITANFXは業界最狭スプレッド以外にも魅力的な条件をバッチリそろえているのです。
例えば、以下のような条件が挙げられます。


当サイトは日本国外在住の日本人用に情報提供しています。

国内在住の方は日本国内のFX業者をご利用ください。

関連記事