TITANFXにおけるスタンダードSTP口座のメリットとデメリット

TITANFX スタンダードSTP口座

TITANFXには主にふたつの口座タイプがあります。
スタンダードSTP口座とブレードECN口座のふたつなのですが、今回はTITANFXの中でもスタンダードな口座タイプとして知られているスタンダードSTP口座について、その基本情報やメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

 

TITANFXにおけるスタンダードSTP口座の基本情報について

まずは、TITANFXにおけるスタンダードSTP口座の基本情報についてです。
今後、情報が見直され、変更される可能性もなくはないのですが、この基本情報から大きく変わるということはあまりないでしょう。

 

取引手数料 なし
注文執行方式 STP方式
初回最低入金額 20,000円 / 250USD / 250EUR
口座通貨 JPY, USD, EUR, AUD, SGD
最小取引単位 0.01 lot (1,000通貨単位)
最大レバレッジ 500倍
設定可能なレバレッジ 25倍, 50倍, 100倍, 200倍, 300倍, 400倍, 500倍
平均スプレッド 1.0pipから
取引プラットフォーム

MT4 (メタトレーダー4)
MT5 (メタトレーダー5)

取引商品 FX、仮想通貨CFD、エネルギー、貴金属、株価指数CFD、米国株式
1回の注文ごとの最大取引単位数 1,000万通貨 (100ロット)
1回の最大ポジション数 2,000万通貨 (200ロット)
表示通貨単位 3桁表示、5桁表示
VPSサービス あり

 

基本情報からもわかるかと思うのですが、TITANFXのスタンダードSTP口座に関しては特別に何かが抜きん出ているという感じはありません。
全体的にほどほどにまとまっていて、名前の通りスタンダードな口座タイプとなっています。

 

TITANFXにおけるスタンダードSTP口座のメリットとは?

特別に何かが抜きん出ているわけではないTITANFXのスタンダードSTP口座なのですが、そのメリットについて考えていきましょう。
TITANFXのスタンダードSTP口座におけるメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

 

メリット1 取引手数料が無料
メリット2 約定力が高い
メリット3 追証なし

 

取引手数料が無料

TITANFXのスタンダードSTP口座は、その名前の通り、STP方式の口座になります。
そのため、取引手数料が無料となっています。
この点はスタンダードSTP口座の特徴でもあり、メリットでもあります。
FXトレードにおいては、いかにコストを抑えるかという部分もひとつのポイントになってきます。
取引手数料というのもFXトレーダーにとってはコストのひとつになりますので、そのコストを抑えることによって利益をしっかりと確保していくことができるでしょう。
また、取引手数料がかからない分、通貨ペアごとに変わってくるスプレッドのみに集中することができます。
基本的にFXトレードでは常にあれこれと考える必要がありますので、取引手数料に関して考えずに済むだけでも気持ちに余裕が出てくるでしょう。

 

約定力が高い

これはTITANFXのスタンダードSTP口座だけの話ではないのですが、基本的にTITANFXでは複数のサーバーをニューヨークに置いているため、システムへの負担が少ない傾向にあります。
そのため、それが高い約定力につながり、いつでも安定したFXトレードができるようになっているのです。
ちなみに、TITANFXはニューヨークや東京、シンガポールといった3つの場所にサーバーを設置しているので、日本以外の国に住んでいたとしても快適な取引が可能になります。
約定力が高いので短時間で売買するスキャルピングやデイトレードにも向いていますし、資金力があって大きなロット数を扱う方にもおすすめできます。

 

追証なし

追証なしというのもTITANFXのスタンダードSTP口座だけのメリットではないですし、基本的にはTITANFXを含めた海外FX全般にも言えるメリットになります。
TITANFXでは追証なしのゼロカットシステムを採用していますので、口座残高以上のマイナスをFXトレーダー自身が背負うことはありません。
万が一大きな損失が出てすべてを失ってしまうことになったとしても、失うのは口座残高までと決まっているわけです。
追証による莫大な借金を背負うこともありませんし、それがないことによって気持ちにも余裕が出てくるかと思います。

 

TITANFXにおけるスタンダードSTP口座のデメリットとは?

先ではTITANFXのスタンダードSTP口座におけるメリットについてお話しましたが、次はデメリットについて見ていきましょう。
TITANFXのスタンダードSTP口座におけるデメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

 

デメリット1 スプレッドがやや広い
デメリット2 メリットが弱い

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

スプレッドがやや広い

TITANFXのスタンダードSTP口座はブレードECN口座と比べると、ややスプレッドが広い傾向にあります。
ただ、これはそれぞれの口座の性質というものがありますので、仕方ない部分でもあります。
というのも、スタンダードSTP口座が名前の通りスタンダードな口座タイプであるのに対して、ブレードECN口座はスプレッド特化型の口座タイプなのです。
ブレードECN口座のほうがスプレッドの面で優れているのはある意味では当たり前なのです。
ちなみに、一般的な海外FXでのスタンダードな口座タイプとして見たときにはTITANFXのスタンダードSTP口座のスプレッドは可もなく不可もなくといったところです。
特別に広いわけでもないですし、特別に狭いわけでもないのです。

 

メリットが弱い

TITANFXのスタンダードSTP口座のデメリットとしては、メリットの弱さも挙げられます。
先では「取引手数料が無料」「約定力が高い」「追証なし」という3つのメリットを上げましたが、TITANFXのスタンダードSTP口座だけが持っているメリットとなるのは「取引手数料が無料」という部分のみです。
残りのメリットはブレードECN口座にも言えるメリットになりますので、ブレードECN口座と比べるとメリットに弱さが出てくるのです。

 

TITANFXのスタンダードSTP口座は結局のところ、どうなのか?

TITANFXのスタンダードSTP口座の基本情報とメリット・デメリットについて見てきましたが、結局のところ、スタンダートSTP口座はどうなのでしょうか?
結論から言ってしまうと、TITANFXで口座を開設するにあたってあえてスタンダートSTP口座を選ぶ必要はないかもしれません。
実際にTITANFXで口座を開設する方の多くがもうひとつのブレードECN口座のほうを選択しています。
スタンダートSTP口座とブレードECN口座ではスプレッドと取引手数料以外は同じ条件が揃っています。
そう考えると多少取引手数料がかかったとしても、圧倒的なスプレッドの狭さを誇るブレードECN口座のほうがメリットが大きいのです。
不安のある初心者の方であればスタンダートSTP口座でとりあえずの様子を見るのもひとつですが、それ以外の方であればもうひとつのブレードECN口座のほうがいいかと思われます。


関連記事