TITANFXのスワップポイントについて詳しく解説!

TITANFX スワップポイント

海外FXの中でも優良なFX業者と知られているTITANFXは、日本人トレーダーからも高い人気を誇ります。
TITANFXではいろいろな手法でのFXトレードができるのですが、中にはスワップポイント狙いでのトレードを考えている方も多いのではないでしょうか?
そういった方のためにも、ここでは改めてTITANFXのスワップポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

 

そもそもスワップポイントとは?

まずは、そもそもスワップポイントとは何なのかについてお話していきましょう。
スワップポイントというと一般的にはお金を預けて得られる金利のようなイメージが強いかと思うのですが、実際には工夫次第でもっと利益が狙えるものです。
FXの世界ではそれぞれの国の通貨の金利にはかなりの差があります。
例えば、日本は超低金利の国として知られていますし、その一方でトルコやメキシコ、南アフリカといった新興国などは高金利の国として知られています。
低金利の国の通貨を売って、高金利の国の通貨を買うとポジションを決済するまで毎日スワップポイントという収益を得られるようになるのです。
スワップポイントは「金利差調整分」とも呼ばれるのですが、まさにふたつの国の金利差によって発生する利益なのです。
もちろん、低金利の国の通貨を買って高金利の国の通貨を売る場合は、逆に金利差分のスワップポイントの支払いが発生しますので、必ずしもスワップポイントで利益が得られるとは限りません。
一般的にFXというと短期売買で為替差益を狙うイメージが強いのですが、実際にはスワップポイントを目当てに中期から長期のスパンで投資をおこなっている方も多いのです。

 

スワップポイントの魅力とは?

スワップポイントの魅力として挙げられるのは、やはり決済をおこなってそのポジションを解消しない限りは、利益を毎日得られるという部分です。
一般的にもFXを含めた投資は上がったタイミングで売らないと利益が得られないイメージがあるのですが、スワップポイントであれば別です。
FXのスワップポイントは売買する必要もありませんし、うまくいけば安定した利益を確保し続けることができるのです。
スワップポイントを狙ったトレードというのは、ある意味では不労所得的な要素もあるのかもしれません。

 

TITANFXでスワップポイントが付与される時間と曜日について

スワップポイントについて理解が深まったところで、次はTITANFXでスワップポイントが付与される時間と曜日について押さえておきましょう。
実際に、スワップポイントにおいては付与されるタイミングが重要になってきます。
TITANFXのスワップポイントは、MT4/MT5のサーバー時間0時に付与、徴収されることになります。
日本時間だと以下のようになります。

 

夏時間(サマータイム) 日本時間で午前6時
冬時間 日本時間で午前7時

 

日本時間の早朝を超えてポジションを保有するという場合にはスワップポイントが付与、徴収されることになります。
曜日に関しては、土日分のスワップポイントは木曜早朝に一括処理ということを押さえておきましょう。
つまり、日本時間で木曜の早朝、夏時間は朝6時に、冬時間は朝7時に3日分のスワップが付与、徴収されるということです。
ただし、原油や株価指数に関しては、月曜の早朝に土日分と合わせて3日分のスワップが反映される形になっていますので注意しておきましょう。

 

スワップポイントのみの出金はできない

海外FXにしても国内FXにしても、それぞれで設けている条件というのは違います。
一部のFX業者ではスワップポイントのみの出金を認めているのですが、TITANFXではスワップポイントのみの出金を認めていません。
スワップポイントで得た利益に関しては、ポジションを決済した後に出金ができるようになっています。
スワップポイントで得た利益は通常のポジションの損益とは別で計算されることになるのですが、最終的にはポジションを決済しないと利益として確定しない仕組みとなっているのです。
FXトレーダーにしてみるとスワップポイントで得た利益のみを出金できるような仕組みであったほうがありがたいかもしれませんが、実はTITANFXで採用している仕組みのほうが日をまたいで取引する方にとっては使いやすいのです。
というのも、日をまたいで取引する場合には、TITANFXで採用している仕組みのほうが損益を一括で計算できるのです。

 

TITANFXでスワップポイントを確認するには?

続いては、TITANFXでスワップポイントを確認する方法についてです。
基本的には以下の3ステップでスワップポイントを確認することができます。

 

ステップ1 MT4へログイン
ステップ2

MT4の気配値欄から人気の通貨ペアを選択し、右クリックで仕様を選択
※英語版の場合には Specification

ステップ3 仕様画面の中で「Swap long」「Swap short」をチェックする

 

ちなみに、ここで確認ができるのは10万通貨(1ロット)を1日保有した場合に発生するスワップポイントです。

 

TITANFXでスワップポイント狙いのトレードをするメリット

TITANFXでスワップポイント狙いのトレードをするメリットは、やはりうまくいけば不労所得的な利益が得られるという部分と中期的・長期的なトレードとの相性がいいという部分です。
実際にTITANFXでスワップポイント狙いのトレードをして、安定した収入を得ているという方もいます。
絶対に利益が得られる、利益を積み重ねていけると断言できるわけではないのですが、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

 

TITANFXでスワップポイント狙いのトレードをするデメリット

TITANFXでスワップポイント狙いのトレードをするデメリットとしては、より慎重な値動きの予想が必要になるという部分が挙げられます。
もともとFXというのは値動きの予想をしながらおこなっていくものなのですが、スワップポイント狙いのトレードではより慎重な判断が求められます。
特に、過去のリーマンショックや新型コロナウイルス感染拡大の影響によるコロナショックなど相場が荒れているときには予想も難しくなりますので、スワップポイントを狙ったトレードというのは控えたほうがいいでしょう。

 

TITANFXでのスワップポイント狙いのトレードは中級者以上の人におすすめ

TITANFXでスワップポイント狙いのトレードをしている方は多いのですが、正直なところ、初心者の方にはおすすめできません。
あくまでも中級者から上級者の方におすすめできるトレードスタイルと言えるでしょう。
TITANFXは最大レバレッジが500倍というハイレバレッジが魅力ですし、そのハイレバレッジを活かしてスワップポイント狙いのトレードを考えている方も多いでしょうが、初心者の方はまず他のトレードスタイルでTITANFXならではのハイレバレッジを活かしていきましょう。
十分に経験を積んでからスワップポイント狙いのトレードをおこなっていくことをおすすめします。


関連記事