TITANFXのゼロカット方式採用について徹底解説

TITANFX ゼロカット方式採用

海外FXはゼロカット方式採用だから安心だという話をよく見聞きします。
TITANFXも例に漏れず、ゼロカット方式採用となっています。
ゼロカット方式採用が何を意味するのかなんとなく理解しているという方も多いでしょうが、ここでは改めてTITANFXのゼロカット方式採用について徹底的に解説していきたいと思います。

 

TITANFXのゼロカット方式採用とは?

では、さっそくですがTITANFXのゼロカット方式採用とはどのようなものなのかについてお話していきましょう。
ゼロカットというのは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合に、その損失分をTITANFXが負担して口座残高をゼロにしてくれるシステムのことを指します。
TITANFXを含めた海外FXだけに導入されている独自のサービスで、ゼロカット方式採用によってFXトレーダーは口座残高以上のマイナスを抱えるリスクがなくなります。
ついでにロスカットについても触れておきたいのですが、TITANFXを含めてそれぞれのFX業者はロスカット水準というものを決めています。
証拠金維持率がそのロスカット水準に達したら強制的に損切りとなります。
これはTITANFXのような海外FXに限らず、国内FXでも導入されているサービスになります。
FXトレーダーとしてはロスカットはいつでも正常に発動してほしいところなのですが、FXの世界ではどうしてもロスカットがずれてしまったり、発動できなかったりするタイミングがあるのです。
例えば、以下のようなタイミングです。

 

重要な経済指標の発表
大災害

 

上記のようなタイミングだと急激に相場が変動することになります。
あまりにも急な動きにロスカットが間に合わずにずれ込み、結果的に口座残高がマイナスになったときに発動するということがあるのです。
口座残高がマイナスになれば、そのマイナス分を追証としてFX業者に支払わなければなりません。
ただ、TITANFXは追証なしのゼロカット方式採用のFX業者です。
追証なしのゼロカット方式採用によって口座残高以上の損失をゼロに戻し、追証が発生しないようになっています。
一般的によく言われるFXでの借金というのは、そのほとんどが追証によるものです。
TITANFXのように追証なしのゼロカット方式採用のFX業者であれば、口座残高以上の損失を抱えることは絶対にないのです。

 

ゼロカット方式採用のない国内FXはそれだけでリスキー

TITANFXを含めた海外FXは追証なしのゼロカット方式採用なのに対して、国内FXは追証ありのゼロカット方式採用なしとなっています。
もちろん、TITANFXにも国内FXにもそれぞれに魅力があるのですが、ゼロカット方式採用の有無に関してだけ見るとTITANFXのほうが圧倒的に安心です。
ゼロカット方式採用のない国内FXはそれだけでリスキーなのです。
FXで莫大な借金を背負ってしまったという話はいろいろなところで見聞きするものですが、こういった借金の多くが国内FXで生まれているのです。
国内FXはゼロカット方式採用なしとなっている代わりに追加証拠金制度を採用していますので、証拠金以上の損失が出た場合にはそれがそのままFXトレーダーの借金になってしまうのです。
どのような理由があっても支払うことができないと、その国内FXでFXトレードができなくなってしまいますし、最悪の場合には資産を差し押さえなどの可能性も出てきます。
過去には以下のような原因で、追証による莫大な借金が発生しています。

 

2015年1月15日 スイスフランショック
2015年8月24日 中国ショック
2019年1月3日 アップルショック

 

「○○ショック」という表現はよく見聞きするかと思いますが、こういった出来事が自分の取引に大きな影響を与えるのです。
特に、今は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、世界中が不安定な状態になっています。
新たな「○○ショック」が発生し、莫大な借金を抱えてしまう可能性もあるのです。

 

ゼロカット方式採用に救われたFXトレーダーは多い

TITANFXを含めた海外FXのゼロカット方式採用というのは、借金を負わないために必要なことと言えるでしょう。
実際に、ゼロカット方式採用によって救われたというFXトレーダーはとても多いのです。
国内FXの追証で痛い目を見てから、TITANFXに乗り換えたという方もいるくらいです。
FXの世界で、「絶対」ということはありません。
それこそ億万長者になっているFXトレーダーがある日突然一文無しになってしまう可能性もあるのです。
常にリスクはつきまとうものですし、だからこそそのリスクを常に最小限にとどめておくことが大切なのです。
TITANFXのようにゼロカット方式採用をしているFX業者を選ぶだけでも、リスクの回避につながります。

 

ゼロカット方式採用によって何が変わる?

何度も言うように、ゼロカット方式採用によって借金を背負うリスクがぐっと抑えられるようになります。
それ以外ではゼロカット方式採用によって何が変わるのでしょうか?
それはズバリ、利益です。
例えば、TITANFXでは最大レバレッジ500倍となっているのですが、最大レバレッジ500倍というハイレバレッジであれば当然、ハイリターンを狙っていくこともできます。
ただ、ハイレバレッジだとある程度はリスクも高まってきます。
そのリスクをゼロカット方式採用によって抑え込むことができますので、ハイリターンを狙える可能性が高まってくるわけです。
万が一、大失敗をしてしまったとしても口座残高以上のマイナスはありません。
逆に言えば、ダメージを受けたとしても口座残高までということです。
気持ちの面でもかなり楽にはなるでしょう。

 

ゼロカット方式採用であることによって発生する問題はない

TITANFXがゼロカット方式採用のFX業者であることは、FXトレーダーにとっては本当にありがたい限りです。
ゼロカット方式採用自体がFXトレーダーを含む投資家を守ることにつながっているのですが、ここまで良心的だと逆に不安になってしまうという方もいるでしょう。
結論から言ってしまうと、TITANFXがゼロカット方式採用であることによって発生する問題はありません。
ゼロカット方式採用というのは、ただただFXトレーダーにとってはありがたいだけのことなのです。

 

ゼロカット方式採用は資金管理の問題まで解決してくれるわけではない

ただひとつ注意しておきたいのが、資金管理についてです。
TITANFXのゼロカット方式採用によってFXトレーダーは借金を背負うリスクをぐっと抑えられるようになりますが、それとFXトレーダー自身がおこなっていく資金管理はまったく別の問題になります。
リスクを軽減できたとしても、資金管理の方法に問題があればFXトレードのために自ら借金をするようなことも出てくるかもしれません。
せっかくTITANFXがゼロカット方式採用でリスクを軽減してくれているのですから、FXトレーダー自身も資金管理を徹底して、さらにリスクを抑えていきましょう。


関連記事